好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

diary

2018年9月2日

「月刊ASKA」公開収録10月号


あれ、お願いしていた時間になっても飛鳥先生いらっしゃらないなあ
と、ふと思った瞬間、嫌な予感がして、先生に電話をしても出ない。
もしや…と思った予想が的中。
先生からのメッセージに、いつものあそこにいるとのことで
ダッシュでそこに向かったのが開始15分前という…

なんてことになりながらも
公開収録開始前には準備完了で、少し前から公開収録スタートという
このあたり、飛鳥先生さすがでございます。

今回の「月刊ASKA」のテーマ本は、最後の回となる「八咫烏」。
「八咫烏」と「ゲマトリア」の話から始まったのですが
本に書いていないことばっかりで
思わず、飛鳥先生の口から
「いかに本に何も書いていないかということがわかるでしょう」
と出てきてしまうほど。

最後の方では、日本の国旗のことにまで話しが及んで
元号が変わるのと同時に、国旗まで変わってしまうのか??!
というか、今の日の丸の国旗は「秦氏」の国旗であり
物部系の国旗は別にあり、このふたつの国旗は
陰陽みたいなもので、セカンドステージの国旗!
だけれども、さらにその先のステージもあり
そこに加わるのは、なんとアルザルのマーク!!!

これらのマークって、実はわたしたちが気がついていないだけで
ありとあらゆるところに、普通にあるようなもの、なのですよ。

あとね、この国旗についてもう少しだけ教えてしまうと
セカンドステージの国旗は
今度9月に飛鳥先生と行く「隠岐」と同じ、なのです。

さあ、みなさま、ここで日本地図を広げてみてくださいね~。

いろんな話が展開されたのですが
書き始めると止まらなくなるので
あとは「月刊ASKA」10月号のアップを楽しみにしていてください。
と書きつつも、もう少しだけ(笑)。

毎回、飛鳥先生への質問コーナーの時間を設けているのですが
公開収録の中で、「八咫烏」が住んでいるところ
のことについても、先生お話してくださったのですが
そこから参加者の方々の興味の対象は
俄然「亜空間」のことについてになって、その質問が続出。

「亜空間」の入口について、先生にぽろっとしてもらい
さらに、懇親会でまで、その追及は続いておりました。
その追及の口火はわたしがしてましたけどねw

今回、公開収録および懇親会に初参加された方が
「懇親会のほうが、内容濃いですね」
と口にしていましたが、ほんとその通りなのです。

みなさん、もう、先生へ質問攻め、質問攻め。
いろんな質問が相次ぐのですが、先生、それらひとつひとつに対して
淀みなくお答えしていくのです。
いったいぜんたい、飛鳥先生の頭の中身、どうなっているのだろうか!!!

次回の「月刊ASKA」は
飛鳥堂が出版した先生の新刊がテキスト本となります。
回を重ねるごとに、どんどん白熱し
先生の口もゆるくなってきているような気がします(笑)

「月刊ASKA」でしか聞けないこと満載となっていますので
アスカリアンなら、購読していないなんて!です。

また、アスカリアンでなくても
今後の社会情勢や世界の動きは知っておかないと
かなりまずい状況になってきそうですので、要々チェックすることお勧めします☆

■月刊ASKA
 http://mugenju.com/content/?id=1193

▶ ページトップへ