好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

diary

2019年4月29日

高野誠鮮の開星塾 ~UFO・宇宙人問題の本質を読み解く~ Lesson2 現在編


JAPONICイベントの翌日は、高野さんの開星塾。
当日のお申し込みもあったりで
席が足りるかどうか冷や冷やもの
くらいの大盛況!

こちらは、三上編集長も大注目していて
ライターの方を引き連れての参加。
注目度具合、感じられるかと思います。

日本人の特性、ということについて
高野さん、結構な時間割いてお話していました。

なにがすごいって
異文化の受け入れが簡単にできるところ。
他の民族は、白黒二元論になってしまうけれども
わたしたち日本人て
外来のものも受け入れて
自国にあったものと合一させてしまうことが
できちゃうじゃないですか。

このときの例え話が面白くって
外来の仏教が日本に入ってきたとき
仏教を男にみたて
もともと日本にあった神道を女にみたて
合一させる、結婚させちゃったって話。
しかし、明治のときに神仏分離させちゃったこと
離婚させちゃったことが、かなりまずかったらしいみたいだけど…。

仏教と神道の合一って
人類史上初の解決策のひな型を示していたって。

わたしたちには普通すぎて
あまりぴんとこないかもしれませんが
これって今地球で起こっていること
問題解決できちゃうくらいのことらしいのです。
だって、天才的な課題解決って、高野さん言ってましたもん。

あとは、UFO問題、なんでここまで隠すのかってこと
不思議に思ったこと、ありませんか?
いるものはいるんだし
いるって言っちゃえばいいのに
とか、わたしの浅はかな頭では思ってしまうのですが
そこは、やはり、権力者にとって
不都合な真実、らしいのですよ。
UFOの存在というのは。

なぜかっていう高野さんの説明は
以前、秘密喫茶居皆亭にご出演していただいた
地底レーダーの渡辺さんと、同じ見解。

宗教の根深さってすごいですね。
宗教って、人を支配するのに
うってつけのアイテムなんだなあって
改めてしみじみしてしまいましたよ。

アメリカの背後にいるものは
ロシアの背後にいるものは
一体何なのか

という問いかけを最後にして終わった
開星塾だったのですが
それまでのお話を聞いていた参加者の方々は
ぴんときているかと思いますが
それを匂わすキーワードは
後日アップされる動画では、全部削除されていると思います。

だって、イベント終了後
「あのキーワードが出ているくだりは、全部カットだな」
と、編集長がすぐに口にしていましたもん。

高野さんがよくいう
命を狙われたりすると、核心をついているということ
といったようなことを言いますが
ある筋の人が高野さんがお話していたこと聞いたら
目の色変えてしまうようなことばかり
今回、話されていたみたいですよ。
だからこそ、インターネット上には、公開できませんけどね。

あの人たちって、やっぱり、そうなのか
そんなにやばいのか
というか、自分たちの見せ方、うまいよなあ
あの国が、あの人が、あんなことをしたのは
それなりの理由があったのだろうなあ
だけれども、歴史は勝ったもののものだから
見事なまでに悪者にされているなあ
ってね、なんか、いろいろ考えさせられました。

いいたいけど、口にできないジレンマ。
参加してくださった人は
「ああ、あれのことね」
と、ぴんときてくれるといいなあ。

高野さんも明言はされていませんので
ぴんとくる人はぴんとくるだろうけれども
参加してても、ぴんとこない人はこないんだろうなあ。

それにしても、あれはカットしといてね
とか、一切言わなかったので
命かけているんだろうなあ
自然栽培やUFOのことを通じて
地球をどうにかしたいと本気で行動している方なんだなって
あらためて感じました。

もうね、人口増え過ぎちゃってて
エネルギー&食料足りないんだし
UFOのこともあるんだから
戦争なんかやっている場合じゃないんだからってことも
何度も口にしていました。

次回の開星塾では
じゃあ、わたしたちはこれからどうしていけばいいのか
といったようなことについても
お話していただく予定ですので
楽しみにしていてくださいね☆

▶ ページトップへ