好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

diary

2019年5月21日

「虚空門 GATE」上映会 & コージ監督を囲む会

わたしたちって、ほんと見たい現実しか見ていないんだな
ってことを、しみじみ感じさせてくれる
「虚空門 GATE」上映会 & コージ監督を囲む会でした。

この仕事をしていると
どうしてもひとつの事象に対して
色んな見解を述べる方々のお話を見聞きするので
先日の秘密喫茶「居皆亭」の第二部の席で編集長に
「いろんな方がいっている説を
   どうやって統合しているんですか?」
って質問したところ
「統合??!」
って、鼻で笑われて終わったのですが
「虚空門 GATE」を見ていて
どれが正しいとか、ひとつの真実、真理があるとかじゃなくて
どれを自分が選択するか、なんだろうなって。

詳しいことを書くと
「虚空門 GATE」のネタバレになってしまうので
仔細は省きますが
「虚空門 GATE」を見ていて
今、自分のいる立ち位置、現実って
言い訳できないくらい
自分がこれまでの人生で選択してきた結果
なんだろうなと。

ちょっと前に開催したJAPONICで
田口ランディさんが仰っていた
「環境にはわたしたちの意識が深く関与している」
っていうところとも繋がることで
結局は、わたしたちの社会や世界って
わたしたちの意識や思考で成り立っていて
だからこそ、支配者層が恐れていることっていうのは
わたしたちの「創造性」で
それを封じ込めるために
手練手管使いまくってますもんね。

「虚空門 GATE」を見るのが2回目ということで
ストーリーや内容を追うのではなく
「虚空門 GATE」が触媒となって
いろんなこと、考えさせられました。
なかなかもって、深い映画であるのです!

この映画を観たら
この事実を目の当りにしたら
普通、こうなるでしょう!
っていうことが、そうならない、なっていない!!
という衝撃。

なんで?
普通こうでしょう?
っていう普通って、わたしにとっての普通で
別の人からしたら
同じものをみているのに
全然違うものを見ていて、感じているんだなって。

一回目に見たときよりも
感じること、思いを馳せることが深くなっていたので
この映画、一回見たからいいや
ではなく、二度、三度見ることおすすめいたします。

上映会終了後の、監督を囲んでの懇親会も
大いに盛り上がって
その後、二次会も開催されていた模様です。

「虚空門 GATE」ですが
6月23日にも上映会があるみたいですよ~!

▶ ページトップへ