好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

ログイン方法が変わりました。詳しくは -こちら-

diary

2020年4月12日

月刊加藤好洋5月号収録

今回も無集客での収録となってしまった加藤先生の収録。

世の中、先生が予想した通りの流れになっていて。

収録の数日前から集中して、みなさんに大事なメッセージをお届けできるように

調えていらっしゃるという話は

スタッフTさん情報にあったので

さぞや 神妙な面持ちでいらっしゃるかと

思いきや

「こんちわ!よろしくお願いしまっす!」

と、いつもの笑顔で登場の先生。

いやさすが、本番ではすっかり「仕上げて」来ていらっしゃいます!

その上で。

春ですけど ファーですか?

という 相変わらずの厳しいファッションコメントを浴びながらの撮影😊

 

Live配信、パソコン前でスタンばってます!

というたくさんの声に後押しいただいての撮影スタートでした

今回本編でも少しお話しされていましたが

事前ミーティングの中でも

「自分、悪魔だから。悪魔のやり口がよくわかるわけ」

と仰る。

外にでちゃダメ🙅‍♂️ にどんなに必然性があったとしても

はーい🙋‍♀️わっかりましたー と それを心から楽しめないのが人間でもあり。

そんな私たちを狙ってくるのが 排除や孤独感や独り占めや不安。

それ自体は あたりまえ なのだけど 

それがどんどん 増大していく、させられていく こと

その辺りの「仕組み」が非常によくわかる話でありました。

今回の「天使予報」、

一周まわって「信じる」のチカラの表裏、

「身体張って伝えてますから」と仰る先生の感じは

そうだろうなぁと。

 

「いやもう、みんな地獄行きは決定ですから!」

って、今言い放つかーーーーー!

で、政清ねぇさんもこんなですよ。

 

悪魔だからの悪魔祓い。

政清ねぇさんもつくづく話してましたが。

確かに、

これまで月刊前から加藤先生が仰っていたこと、

それを実行してきた方々の変容ぶり

そして 

今先生が伝えているメッセージ

全部がちゃんと、繋がっていることがこの1年でよくわかるのです。

 

さらに今回は本編お楽しみの タロットメッセージ のなかで。

ちょっとしたパプニングが!

その際に先生がとった行動の意味も、今後さらに解き明かされていくはず!

 

次回もライブ配信をする予定です!

ぜひ、ご覧くださいね♬♬

 

 

 

 

 

 

▶ ページトップへ