好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

diary

2017年11月4日

「月刊不動樹里」公開収録

10月から内容をリニューアルして、チャクラの観点から
さまざまなことを、不動先生にお話していただいている
「月刊不動樹里」ですが
そもそも「チャクラ」とは一体何なのか??!
ということを、不動先生に一度お話をしていただきたいと
思っておりました。

そこで、いつもの「月刊不動樹里」とは内容を変えて
「チャクラ」についてのお話を一時間以上に渡って
詳しくお話していただいたのですが
「チャクラ」のお話をする前に
まずは、守護霊やハイヤーセルフ、天使などといったことの
違いについて、事細かに教えてくださいました。

このあたりの存在って、名前を変えているだけで同じものなのかな?
と、あいまいになっていたところが
ああ、こういう違いがあるのかと、とてもわかりやすかったです。
なんといっても、不動先生が言葉だけでなく
色やイラストを駆使して、わかりやすく解説してくださったのです。
こういうわかりやすさを提供できるのは
本当にわかっている人だからこそですよね。

わたしたちのオーラの中に侵入、というか入れることのできる存在は
ハイヤーセルフだけというお話も初めて耳にして
「なるほど、そうなんだあ」
と、わかったつもりでいたことが
実はちっともわかっていなく、わかったつもりになっていただけ
という自分がよくわかりました(笑)

オーラの中は
自分とハイヤーセルフのサンクチュアリというお話は
とっても素敵でした☆

そのあと、各チャクラについてお話していただいたのですが
それぞれのチャクラの特性を
「あなたは仕事をなぜするのですか?」
という問いかけを例に、その答えによって
その人が、あなたがどのチャクラで生きているのか
仕事をしているのかを解説。

この説明の仕方も、各チャクラの違いがとてもわかりやすかったです。

自分がどのチャクラ次元で生きていきたいのか。
どういう生き方をしていきたいのか。
どの次元を選択して生きていくのか。
にも繋がる話。

これ以外にもとっても素晴らしいお話の数々で
メモをとる手が止まる暇がないほどの内容だったのですが
今回の公開収録の動画は、一部無料で配信しますので
ぜひ、そちらをご覧になってくださいね。

最後に、不動先生がお話の根底、一貫して流れていたものは
やはり「愛」がすべてということ。
支配ではなく「愛」。

わたしたちはたとえ今あなたが一人で孤独を感じているとしても
目に見えたり、感じたりすることができなくても
たくさんの存在があなたのことをサポートしてくれていて
いつだってそばにいるということ。

一人になりたくても、一人になることなんてできない。

どこまでいっても「愛」であふれていて
チャクラの詰まりをとっていき
きれいになれば、それが感じることもできるのです。
なぜなら、チャクラは神のシステムへのゲートのようなものだから
きちんと求めたら、助けてくれる、サポートしてくれるのです。

第一チャクラから第七チャクラまでを
チャクラビルと先生が仰っていて
第一チャクラはその入口に相当するもの。

第一チャクラが詰まっていると、中に入りたくても入れない~(笑)
ということで、このチャクラの詰まりは、何が何でもとったほうがよさげ。

11月26日(土)に、ほんとタイミングよく
再度、チャクラ☆パワーチャージセミナー、第一チャクラを
開催するのですが、すでに満員御礼になっていたのですが
急遽、午前の部も開催することにいたしました!
■チャクラ☆パワーチャージセミナー
 http://mugenju.com/event/?id=4632

すでに、2名の方からお申し込みをいただいているので
すぐに満員になってしまう可能性大!
ぴんと来た方は、ぜひそのご自身の直感にしたがってくださいね。
これからは直感の時代に突入らしいですよ☆


■月刊不動樹里
 http://mugenju.com/content/?id=3324

■11月26日開催 チャクラ☆パワーチャージセミナー vol.1
 http://mugenju.com/event/?id=4632

■12月9日開催 チャクラ☆パワーチャージセミナー vol.6
 http://mugenju.com/event/?id=5129

■12月9日開催 Juli's Party ~チャクラ wish tree~#2
 http://mugenju.com/event/?id=5126

来年は、チャクラとは違う、宿泊型のイベントも開催予定!
&さらに新規企画もいろいろ持ちあがってきておりますので
不動樹里先生の動向、楽しみにしていてくださいね☆

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
▶ ページトップへ