好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

diary

2018年5月7日

「月刊ASKA」公開収録 6月号

さっきあのあたりにいると連絡があったから
もう着いてもいい頃なのに、いらっしゃらないなんて
事故にでもあったのかな。
もしくは緊急事態でも?!!
と心配して、電話をしまくって
ようやく繋がって、ほっと一安心
と思ったら、ご飯食べてるとのことじゃないですか。
電話でお話しながら、先生がご飯食べてるところまで
即効迎えに、というか捕まえにゆきました(笑)。

6月号の「月刊ASKA」の内容も素晴らしかったです。
常連さんの口から
「今日のよかった、来てよかった」
と、こぼれるほど。

まずはイルミナティ―には「前期」と「後期」があるとの説明から。
この前期と後期の違いって超重要で
後期のイルミナティ―が陰謀論とかでよく話題にあがるイルミナティ―。
創立者が違うのですよね。
そして、前期の創立者が去るときに口にした言葉が
預言的でおっそろしーーーー。

あ、フリーメイソンとイルミナティ―は別物ってことはOKですよね☆
イコールじゃないんですよ。

そういう知っているようで知らなかったことを
わかりやすく説明してくださったあと、いよいよ本題に!

やっぱりここの構造頭にいれていないと
今の金融システム、資本主義、この社会のこと
理解できないですからね。
っていうことは、ここがミソ!

ここから、もちろんロスチャイルドとロックフェラーの話に進んでいくのですが
ロスチャイルドって戦争屋、じゃなくてこういうことをしている人なのね
とか、まず初めにお金を貸した相手ってあの方なの~!!!とか
からのこの世界、社会の構造についてとくとくとくと
わかりやすーーーく、教えてくださいました。

 

日本の官僚制度が、ガンジーやキング牧師とも関係あるって知ってましたか?
オリンピックの水泳競技に黒人がいないことお気づき??
第三神殿今建設しているけど、それってあの宗教がかっさらっちゃうのーーー
とかとかとか、もう、「月刊ASKA」6月号みてね、お楽しみにね☆
という内容満載。

「いまだに世界は神話の中にある」
という意味深な言葉も…。

2020年のオリンピックのことと
その前に起こるの?
断言はしていなかったですが、話の流れからすると
第三次世界戦争近々??
天皇の役割は?
とかね、ぬらりひょんとさけつつ
見せて隠していく飛鳥節炸裂!!!

そうそう、最後は9月22日~24日の隠岐ツアーのことも☆
生前退位前に、このツアー、隠岐にゆきたかったのです。
懇親会終了後に、飛鳥先生とツアーの打ち合わせをしていたのですが
あまりいうなよ
書くなよ
三上にもナイショだぞ
と、釘をさされまくっているので
あまりまだ情報出せませんが
飛鳥先生が隠岐に行くのは、ある「封印」をとくため。

飛鳥先生、いろんなところにいっていますが
あそことあそことあそことあそことかの神社に参拝していたのは
最後のここのパズルのピースのためだったのですね!
それって、あれとリンクしてるじゃないですか!!!
と、言いたいけどまだ言えないけど言いたいジレンマいっぱいですが
このツアー、まじですごいことになっちゃいそうです!

■「月刊ASKA」公開収録
 https://www.facebook.com/events/1035697099915827/

■「月刊ASKA」
 http://mugenju.com/content/?id=1193

▶ ページトップへ