好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

diary

2018年6月18日

月刊むっちゃん 収録日記

先日の帝都ツアーを終えて、第二章の幕開けとなった
月刊むっちゃん7月号

テーマは
「日清、日露戦争の謎」。
第一回目となる今回は、「日清戦争まで」。

なにしろ、複雑すぎて(もしくはなにかの理由で❓)学校でも授業時間が極端に少なかったこの時代。
だからこそ、むっちゃん先生に伺いたいことがたくさんで。

ガチの質問満載故、むっちゃん先生開口一番
「政ねぇ、やりすぎ(笑)」ーと、愛情込めて(笑)。

話題は初っ端から時事ネタ、北朝鮮から日本人は帰ってくるのか?
現代の国政事情にも通じているむっちゃん先生だからこそー投げかけたい質問。

この辺りの 鋭い質問は、アシスタントが才女政清さんだからこそ、成せる技‼︎
みなさんに 興味を持っていただけるものを 届けよう‼︎
という、真摯な想い は、むっちゃん先生も政清ねぇさんも、同じ。
夢源樹活動を通しての 信頼関係が、新たな 面白さ を、生み出す 月刊むっちゃん。

そして今回は、かなり内容も学術的に濃く。
むっちゃん先生の 専門性と温かさが溢れた公開収録に。

例えば
武士の終焉を見越した西郷隆盛。
心から信頼する大久保利通の政治に日本の未来を託し、とった行動とは?

万博に招待された際、日本政府は大恥をかいちゃいました。
琉球国にはあったものがなかったからーそれはなんだったのか?

当時作成された軍人勅諭。
そこには「軍人は政権を握ってはならない」という旨がしたためられています。
むっちゃん先生は、その重要性 を教えてくださいながら
現代の、9条問題、国防に関する実情についても、語ってくださってます。

今回も、「んー、それは言わなきゃならないの❓」と苦笑いしつつ、
可能な限りの ヒミツ を 語ってくださったむっちゃん先生。

そして
公開収録の合間も、直会でも、参加者の方々一人ひとりに声をかけ、写真撮影。

参加者の方々はみなさん、そんなむっちゃん先生という方の ファン なのだなーと
改めて感じた 公開収録と直会でした。

参加者の皆さま、今回もたくさんのご協力をありがとうございました。

歴史における 激動期。
諸外国との関係や、利害の中で日本はなにを 大事にしていくのか!
いまーにも繋がる、内容ですよ!

7月号コンテンツを改めて見るのが、楽しみ!

これまでのコンテンツ購入と、次回公開収録参加申し込みはこちら
https://mugenju.com/content/?id=1264

▶ ページトップへ