好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

content

イベント

【今回のツアーの3本柱】
・秦氏ゆかりの神社での正式参拝
→もちろん宮司さんは、秦氏の末裔!

・「多胡碑」について、地元の学芸員の方と
 久保有政氏と、M編集長による質疑応答
→この碑に書かれた謎は必見!

・古代の日本に、多くの景教徒が日本に移り住んで暮らしていたことを示す
 「羊神人」という文字が記されている瓦の公開
→こちらは現在交渉中となります。

あなたは「秦氏」と聞いて、どの地を思い浮かべるだろうか。
多くの方々は、秦氏がもっとも多く移り住んだと言われている
「京都太秦」などを思い浮かべることと思われる。

が、しかし、西から遥か遠く離れた
東の国、群馬にも、秦氏の形跡があることを
あなたはご存知であろうか。

京都の太秦といえば
秦氏の神社といわれている
三柱鳥居で有名な「蚕の社」があるが
群馬の地にも、三柱鳥居の神社があり
今や世界遺産に登録された富岡製糸場があり
古くから養蚕が盛んであったことが窺い知れる。

次に、京都といえば、有名な大文字焼きがあるが
空海が群馬の地を訪れ、群馬の文字焼きを見て
この風習を京都の地に取り入れたことを
あなたは知っていたであろうか。

京都よりも古くから
文字焼きが行われていた
群馬にある、とある場所こそ
秦氏の人々が住んでいたといわれている集落なのである。

その地には
終戦後、進駐軍が日本の国宝級の文化財を没収して
本国に運んでいるから、急隠匿しなければならない
と、村民たちが集まって土中に隠したという
言い伝えが残っている「碑」がある。

その「碑」とは
「国の宝でもあると同時に
 お羊さまとして、集落の人々の信仰の対象」
であったものである。

ここで気になってくるのは
集落の人々の「信仰の対象」であった
「お羊さま」とは一体何なのか、何者なのか
ではなかろうか。

この「お羊さま」といわれている人物こそ
今回のツアーで、要となる人物であり
このキーワードを紐解くことにより
秦氏についてはもちろんのこと
日本の中に眠っているユダヤ文化についてや
神道やわたしたちのルーツまでもが
わかり始めてくるのである。

話しを戻すと
今回のツアーで重要なポイントのひとつとなる
信仰の対象でもあった「碑」についてであるが
この「碑」は、日本古代史上において
重要な資料とされている
「多胡碑」といわれているものである。

「昔を語る多胡の古碑」

と、群馬の郷土文化をかるたにした
上毛かるたといわれているかるたの
ひと札になっているのだが
この、「多胡」という言葉は
「夷」が多いという意味があるのである。

「夷」とは昔からいた土着民のことであり
「古事記」、「日本書紀」においては
「クモ」、「ツチグモ」と呼ばれていて
「お羊さま」といわれていたものは
「八束小脛」と呼ばれていた土着民を
従者にしていたといわれているのである。

現代では、ひっそりと陰を潜めているしまっている
毛の国、群馬であるが
古来、高い国家理想をもって生きていた時代に
栄えていた地こそ、群馬であり
今回、このツアーをナビゲートしてくれる
古代史家、現代史家、ユダヤ文化研究家であり
聖書解説者でもある久保有政氏の著書には

秦氏と呼ばれた人々は
もともと古代イスラエル人キリスト教だった。
秦氏が来る前に、別の古代イスラエル人たちも
すでにやってきていて
日本の古代神道と天皇制を作っていたが
秦氏はその日本神道を発展させた。

とあり、今回のツアーで取り上げるテーマは
単に知識の問題では終わらず
私たちの日本人としてのアイディンティティ
生き方、人生に関わってくるものであり
また、それを左右するものである。

元号が変わり、新しい時代に突入するこの境目の時期に
時空を越え、今日のわたしたち日本人に宛てられた
タイムカプセルの蓋を開けるように
古代イスラエル人キリスト教であった
秦氏たちが残してくれたメッセージを
久保有政氏が読み解いていきます。

※「月刊ムー」の取材あり。
 ということは、あの男もツアーに同行!

■お申込みおよび詳細はこちら
https://www.club-world.jp/201905mugenju-gunma

【開催日】
 2019年5月25日(土)、26日(日)

【募集人数】
15名限定(最少催行人員、10名)
※お申し込みは先着順となります。

【参加費】
 69,800円/人(消費税込)
 ※月刊久保有政をご購読いただいている方は、5000ポイントバック。
  実質64,800円となります。

■参加費に含まれるもの
 宿泊費、貸切バス、朝食1回、昼食2回、夕食1回
■参加費に含まれないもの
 ご自宅~集合・解散場所までの交通費  

【ツアー行程】
5月25日(土)
9:00 都内出発
11:00 群馬到着
    ゆかりの地へ
11:45 昼食
13:00 秦氏ゆかりの神社にて正式参拝
    その後、数々のゆかりの地へ
18:00 宿泊先到着
19:00 夕食&懇親会
    この席で、ぜひ、久保先生や編集長に
    数々の質問をぶつけてください!
21:00 一旦お開き
    その後、さらにディープな夜になることも…

5月26日(日)
9:00 宿泊先出発
    数々のゆかりの地へ
11:45 昼食
13:00 数々のゆかりの地へ
14:20 多胡碑
    学芸員の方と、久保先生
    編集長による質疑応答
もちろん、参加者の方々もどんどん質問してください!
17:30 都内到着

【お部屋について】
 同性での相部屋となります。
 ご友人と参加される場合は同室にいたしますので
 その際はご友人と同室希望の旨備考欄にご記載ください。

▶ ページトップへ