好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

_logo

月刊保江邦夫

「霊界」と「人界」を自由に行き来し、日本民族の覚醒のために東奔西走している保江邦夫氏が、いま一番伝えたい「メッセージ」とは?
今、わたしたちが大切にしなければならないこと、守るべきこと、そして成長しなければならないこと、その道標となる最新の保江情報を、あなたにお届けするのが「月刊保江邦夫」です。

月刊保江邦夫 購読

購読料 2,980円/月(税込)
クレジットカード決済
購入済の方は、ログインすると視聴できます


ご購読はこちら

優待サービスを利用するには  「月刊保江邦夫」 の ご購入  と ログイン  が必要です

現在ログインしていません

ログインはこちら

保江邦夫写真

【月刊保江邦夫とは】
日本民族の覚醒のために東奔西走している保江邦夫氏が、いま一番伝えたい「メッセージ」。
今、わたしたちが大切にしなければならないこと、守るべきこと、そして成長しなければならないこと、その道標となる最新の保江情報を、毎月動画配信にてお届けするのが「月刊保江邦夫」です。

【月刊保江邦夫 配信動画の特色】
「月刊 保江邦夫」の動画は、毎月1日に公開いたします。
・諸般の事情により変更になる場合がございます。ご了承ください。

「月刊 保江邦夫」の収録は、原則として参加者を募集しての公開収録とさせていただきます。(保江先生のご意向を最優先させていただきました)
・1回の公開収録で2か月分の収録をさせていただきます。

「公開収録にあたっての保江先生からの3つのリクエスト」
(その1)あらかじめ「テーマ」は決めません。
・保江先生にとって「いま、伝えなければならないこと」がテーマとなります。従いまして、テーマが何になるかは基本的に「未定」ですので(直前に決まるかも?)、予めご了承ください。
(その2)1つの「テーマ」について、じっくりレクチャーしていただきます。
・1回の公開収録で「1テーマ」をじっくりレクチャーしていただきます。
・保江先生のお伺いしたところ「3時間あれば、1つのテーマをしっかり伝えられるかな?」との由。1回なんと3時間です!!!
(その3)公開収録終了後に「懇親会」を開催させていただく予定です。
・公開収録終了後は、その場で(場所を変えずに)「懇親会(1時間)」を開催する予定です。
・公開収録でお伝えした内容について、受講者の皆さんと語り合いたいという保江先生のご意向です。
・その日のテーマについて疑問があれば、保江先生に直接ご質問ください!受講者全員で共有しましょう。

③ 毎月配信する動画は、公開から3ヶ月間視聴が可能です。
たとえば、9月の場合、7・8・9月号の3か月分の動画が視聴可能です。
10月になると、8・9・10月号の3か月分が視聴できる一方で、7月号の動画が公開終了となります。

その他、保江先生のご意向を最優先に活動して参りますので、どうぞお楽しみに!(笑)

【月刊保江邦夫の購読者特典】
①公開収録の先行販売
公開収録の募集は、「月刊 保江邦夫」購読者を優先させていただきます。
一般(非購読者)向けに募集開始する前に、「月刊 保江邦夫」購読者向けに優先的に(早期)募集させていただく予定です。

②「月刊 保江邦夫」のバックナンバー動画を大幅に割引された特別価格にて販売
月刊動画公開が終了後(公開から3か月後)から順次販売開始いたします。
バックナンバー販売ページはこちら
https://mugenju.com/video/?content=51
※ バックナンバー動画購入にあたり、下記の3点につきまして、十分ご注意いただき、ご納得いただいた上でご購入くださいませ。
(1)諸般の事情により、一切の事前告知なく、動画視聴を停止する場合がございます。
 その場合でも、ご購入代金は返戻いたしかねます。あらかじめご了承ください。
(2)お客様の事情で「月刊保江邦夫」の購読を中止した場合、「特別優待価格」で購入したバックナンバー動画は視聴できなくなります。
 なお、「一般価格」で購入したバックナンバー動画は「月刊保江邦夫」の購読に関係なく無条件で視聴できます。
(3)「月刊保江邦夫」が終了した場合、「特別優待価格」で購入したバックナンバー動画は 以下の通りレスキュースキームをご用意させていただく予定です。
  ~レスキュースキーム~
 「MUGENJU倶楽部(月額500円)」にご加入いただければ。そのままご視聴いただけます。

【月刊保江邦夫 購読費】
・月額課金 2,980円/月(毎月20日課金)
※毎月定額課金制です。
※毎月20日に翌月分の会費をカード決済させていただきます(初回はお申込日当日に、2回目(お申込日の翌月)以降は、毎月20日に、課金・決済させていただきます。)
※初月のコンテンツ利用はサービス期間として無料でお楽しみいただけます。
※1度お申し込みいただくと、3ヶ月間はご解約できませんので、予めよくご確認の上、お申し込みください(4ヶ月目からはマイページにて解約可能となります)
・退会されたい場合は、2020年5月16日以前にご購入された方とそれ以降の方で方法が変わります。
詳細はこちらをご覧ください。
https://mugenju.com/faq/?cate_no=62&faq_id=28207

【動画視聴方法】
こちらのページにて詳しく説明しております。
https://mugenju.com/howto/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2019年9月、秘密喫茶「居皆亭」にゲストとして登場した保江邦夫氏。

その時に保江邦夫氏が口にした話の数々は、誰もが「そこまで話してしまって、、、大丈夫なの?!」と、聴く方が心配になってしまう内容でした。

世間一般で言うところの「タブー」領域にまで踏み込んだ発言を繰り返される保江先生でしたが、
「まぁ、編集でカットすればいいや(笑)。

それにしても、こんなに来場いただいたお客様を楽しませていただけるなんて、本当にホスピタリティの高い先生だなぁ。主催者として有り難い限りだ。」
と高を括っていた店主でした。

ホストの月刊ムー編集長には、必ず動画チェックをしていただいているのですが、
「あとは、保江先生次第かな?
それを一般公開するかどうかは、責任も含めて、ぜ~んぶ夢源樹におまかせ!(笑)」
こんな、ビビリの店主を、更に追い込むかような三上編集長のドS発言に、
「確かに、保江先生にチェックしていただかなくちゃ!
でも、どこを削れと言われてしまうのだろう?
全部削れって言われる可能性もありそうだなぁ。。。
でもでも、どこを削っても勿体ないんだよなぁ。
全部おもしろいから。」
と頭の中が、パニック状態になっていた夢源樹の店主でしたが、
下手な考えなんとやら(笑)。保江先生からは
「OK!」
That‘s All!
いやぁ、ぶったまげました(笑)。めっちゃ男前じゃないですか!?保江先生って!
これに応えなきゃ男が廃る!ということで、ご指示通りぜ~んぶ出しちゃいました(笑)
その動画がこちらです↓(そのうち、一般公開できなくなるかもしれませんので、早めにご視聴くださいね!)

秘密喫茶「居皆亭」
https://www.youtube.com/playlist?list=PLZXhpAwQs41g8zoIwHXytCs1Tv82KUdJR&spfreload=10

こんなぶっとんだ保江先生に、次のオファーをしない夢源樹の店主ではございません(笑)。
イベントにご出演していただいたお礼をと、さっそく保江先生にアポイントを入れさせていただきました。
じつは、「居皆亭」の動画編集の云々とかではなく、ちょっと好奇心が強いイチ視聴者として、ごくごく素直に
「もっと保江先生の話を聞きたい!」
と思っただけ。そんな店主の趣味100%で動いたアポ入れだったんです(笑)。
公私混同、私利私欲、我田引水、もう何と罵られても馬耳東風!
全て不肖この店主の一存で、夢源樹の運営は決定させていただいておりますので、
まあ、許してやってください(汗)。
ということで、保江先生の事務所にお邪魔すると、

「わたしには、みんなに伝えたいことが、まだまだたくさんあるんだ。
伝えなきゃいけないこと、話しておかなければならないことが。
まだ、知っていることの3割も発表できていない。
それなのに、次から次へと新しいことが、どんどん起きていく。
次から次へと新しい情報が、どんどん入ってくる。」

という保江先生の願ってもないご発言!
こんな有り難いお話を耳にした夢源樹は、その場で間髪入れずに
「保江先生が、伝えたいこと、今、伝えておかなければならないとお考えのことを
いっさいの制約ナシに、縦横無尽に語り尽くしていただける場をお作りしたい!
夢源樹に、ぜひそのお手伝いをさせていただけませんか?」

これが「月刊 保江邦夫」を始める舞台裏でした。

秘密喫茶「居皆亭」でもお話をされていましたが、
皇室に代々伝わる古神道「伯家神道」の「祝之神事」を授かり、有意の士に伝える活動を始め、無事、悲願を果たした後は日本民族の覚醒のために活動を続けていらっしゃいます。

「物理」、「武道」、「宗教」、「UFO」…

保江先生のカバー領域は多岐に渡っています。
ただ、その根底に流れているもの、それは

「愛」

なのです。

「平成」から「令和」へと元号が変わり、わたしたちの社会・生活も大きな変容を遂げようとしています。
そして、この流れは速くなることはあっても、決して止まることはありません。
今、わたしたちが大切にしなければならないこと、守るべきこと、そして成長しなければならないこと、
それっていったい何でしょうか?

「月刊 保江邦夫」が、あなたの人生の道標になれば幸いです。
さあ、あなたも「月刊 保江邦夫」で、覚醒しちゃってください!

by 夢源樹の店主

トップに戻る