好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

content

イベント

チャクラ☆パワーチャージセミナー vol.4(午前の部)

2017年8月26日(土)
■午前の部 10:00~13:00


【参加費】
29,800円(消費税込み


ご購入はこちら

チャクラ☆パワーチャージセミナー vol.4(午後の部)

2017年8月26日(土)
■午後の部 14:30~17:30


【参加費】
29,800円(消費税込み


ご購入はこちら

動画1: 不動樹里 チャクラ☆パワーチャージセミナー PV

第1チャクラ~第3チャクラは「低次元」。
第5チャクラ~第7チャクラは「高次元」。
その中間にある「第4チャクラ」を
樹里先生がスキャニング&スイッチオンしていきます。

「第4チャクラ」は「ハートチャクラ」。

低次元チャクラと高次元チャクラの橋渡しをしていく
肝心要のチャクラでもあります。

第1チャクラ~第3チャクラまでは
自分の欲求や自分の好きなものを満たしていくことでしたが
ここからは、「社会や人の役に立ちたい」・「貢献していきたい」
といったものが芽生えてくるところとなります。

第4チャクラのキーワードとしては
・アイディンティティ
・存在意義
・癒し
・赦し
・自己認識
・自分とつながる
・魂の自分で生きる
・社会貢献
・情緒豊か
・二元論から脱却
・深いワクワク
・多重層の感情、情緒
・三位一体バランス
・自分軸を定める
・許せない自分を許す
・共感力
・魂のテーマとの出会い

といったものになっていきます。

第1チャクラ~第3チャクラは
「肉体的欲求」や「自己欲求」となるのですが
第4チャクラは「自我」や「エゴ」を超えていくところ。

社会や他者に向けて
・自分が何ができるか
・今世の「魂のテーマ」

を知るときとなります。

あなたが本当にしたいと思っていること
あなたの魂が望んでいることがわかるとき

だからこそ
このチャクラのテーマにきたときは
今までのあなたではなくなる
強力なシフト時期にあたるため
今までのやり方が通じなくなります。

そのため
今まで付き合っていた仲間から離れたり
といった現象が起こり始めることがあります。

それは内なる世界につながる
魂の声に耳を澄ますためであり
あえて「孤独になる」という機会を
授けられているということでも。

そこを通過することによって
あなたが本当に望んでいること
肉体、3次元的望みではなく
魂の望みが表出してきます。

・本当の自分を知る
・魂レベルでの自分で生きていく
・自分と繋がる
・どんな自分も受け入れ、愛し生きていく

そう、「ハートチャクラ」である「第4チャクラ」は
「愛」がテーマ。

それは他者だけでなく
あなた自身についての「愛」でもあります。

今まで好きになれなかった
ネガティブだったり、嫌いだったりした
どんな自分も「愛する」。

許せなかった自分を超えていくことによって
他者や社会に対して、貢献していくこと
魂レベルでのあなたがしたいことをしていくことが可能となっていきます。

どんな自分も「受けいれる」・「愛する」ということは
善悪といった二元論を超えていくことでもあります。

勝ち負けといったステージからは卒業し
新たなステージに旅立つとき。

そう、まさにさなぎから蝶にうまれかわるとき
それが「第4チャクラ」なのです。

・ここではないどこかに幸せが転がっている
・誰かと出逢ったことにより人生が一変する

といった「青い鳥現象」に陥るのではなく
すべてはすでにあなたの中にあり
あなたの内面にはすべてがあることに気づき
自分の「神性」と出逢い、それを使い始めるときなのです。

気になる詳細はこちらです。

【開催日時】
2017年8月26日(土)
■午前の部 10:00~13:00
■午後の部 14:30~17:30
ご希望のお時間帯を、お申し込み時にメッセージ欄にご記入ください

【開催場所】
東京23区内
※詳細の場所につきましては、参加される方にのみご連絡いたします。

【募集人数】
各7名
※先着順での受付けとさせて頂きますので、上限に達した段階で締め切りとさせて頂きます。

【参加費】
29,800円(消費税込み)

■秘密喫茶「居皆亭」にご出演されたときの動画はこちら
https://www.youtube.com/playlist?list=PLZXhpAwQs41g7SAEXFwlxUpFp1seYZ1hw

■第一チャクラの模様
http://mugenju.com/diary/?id=2657

■第二チャクラの模様
http://mugenju.com/diary/?id=3270

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
▶ ページトップへ