好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

ログイン方法が変わりました。詳しくは -こちら-

diary

2020年1月12日

1月11日 和製エクソシスト加藤好洋 七つの大罪誘惑チェックポイントリーディング

 

セミナーのあとは。

「七つの大罪誘惑チェックポイントリーディング」。

あなたが悪魔に付け入られる「隙」となる欲望を読み取って頂き

それを上手にコントロールできるよう

アドバイスをもらっちゃいましょーー♬

というリーディングイベント…………だったのですが。

 

イベント企画の枠を超えた内容に「ここまでやってくれちゃうんだ!」と驚愕。

イメージ………

この欲望が強いから、ココを上手にコントロールしましょうね!

的な感じて進むものだと思っていたのですが。

加藤先生が読み取っている情報は

「欲望を制御する」ということではなくて「その人にとって最もよく働く欲望の扱い方を教えてくれる」もの。

 

例えば。

「欲全体が薄い」方がいらして、全体的に生気や活気がないよんだとすれば。

その人にとって活かすのにいい欲を増やす変容をかける。

そうすると

欲が出るまで「追い込まれる」事柄が増えてくる。

なにかを求める気持ちになる。

全体の活気が沸いて、全体的に上がってくる。

………というような。

途中「追い込まれる」ことも想定した上で

「ま、頑張ってみようか」といつもの笑顔😊✨✨✨

 

例えば。

欲望によって嫉妬するそこに悪魔が付け入るだけではなくて

嫉妬されることで起きてくるもろもろの中で  付け入れらそうな隙間

リーディング。

「嫉妬されてもさ、別にいいじゃんオトコに好かれたいでしょ😆」とまた笑顔

 

個人の欲望だけリーディングしてそこにアドバイス………で終わりでもいい話というか

それが普通の能力者的イベント。

だってそれ、わかりやすいもん。

自覚・意識できるから。

でもそのままだと起こる試練は想定内。

わかりにくい無意識の領域が出てきたときに、迷い・惑うのが人間様。

故に「もう一回イベントやっちゃいましょうか💰」というのが世の仕組み。

なのですが。

それ、できないというか、そもそもそういうことを目指してないというのが

加藤先生の加藤先生たるところ。

夢源樹的にいいんだか悪いんだかわかりませんが(笑笑)。

加藤先生オリジナルグッズ「七つの大罪イヤープレート」が

ただの御守りじゃないよーー

というのも、ソコなのです。

このイベントかなりレアリーディングイベントである印象でした。

無意識・潜在意識に働きかけて、悪魔たちを祓う我らが和製エクソシストは

ヘラヘラっと笑いながら

 

全部引き受けて全部やっちゃいやっぱり見守る  ………… ノウリョクシャ  なのでした!

▶ ページトップへ