好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

ログイン方法が変わりました。詳しくは -こちら-

diary

2021年3月21日

「月刊怖イ話」4・5月号収録

誰が話すか、どこに軸足おくかによって
どういうカテゴリーに分類されるかが変わる!!!
ということをまざまざと見せていただいた、今回の「月刊怖イ話」。

だって、今回西浦和也さんがしてくださったお話のひとつが
なんと、まさかの「UFO関連」!

これ、それこそ高野誠鮮さんが聞いたら
まったく別物になっていたに違いない!
っていう内容だったのですよ。

しかも、そのお話が終わった瞬間に、まさかの地震が。

保志乃さんの一言が
「MIBが揺らしたんじゃ?!」
でしたからね(笑)。

しかし、ほんとまさかのあまりにもいいタイミングすぎて
その一言を聞いたスタッフ一同、納得しちゃいましたもん。
さもありなん、てw。

実はこの日、「月刊怖イ話」初の外ロケも!

わたしは外ロケには同行しなかったので
どんな感じで収録し、どんなお話が展開されたのかわからないのですが
あの場所とあの場所で収録が無事にできたなんて奇跡に近い…
というような場所なのです。

どこに外ロケに行ったのか等々は
「月刊怖イ話」4月号と5月号の特典映像にアップされますので
楽しみにしていてください~。
■「月刊怖イ話」
 https://mugenju.com/content/?id=4169

外ロケ終了後、いつもの場所で、いつものように
西浦和也さんと保志乃さんのお話を収録
という流れだったため、お二人ともお疲れなはずなのに
いつもと変わらぬテンション!

西浦和也さんがお話してくれるのは、すべて実話の「リアル怪談」!
ですので、本当にあった怖イ話であるのはもちろんなのですが
怖さはもちろんのこと
興味深いお話もたくさんしてくれるのです。

たとえばそのひとつが、国や年齢によって
モンスターや怖いものといわれるものの
見える「色」が違うというお話。

はじめは、「え、そんなことあるの?」
と思ってしまっていたのですが
西浦和也さんのお話を聞いていると、なるほど、と。

実話に基づいているからこそ、納得できるのですよね。

怖いものと聞いて、何色を連想するかによって
年齢、年代が割れてしまいます(笑)。

西浦和也さんのお話のあとの
保志乃さんとの会話のやりとりで
「それって、もう充分怖イ話として、お話できる内容ですよね?!」
ということをばんばん西浦和也さんお話してくれちゃったのですが
そのお話の中のひとつに、「こっくりさん」のことがあって
それを聞いた保志乃さん
「サイテーーーー」
と言っていて、思いました。

怖イ話や怪談が好きだからこそ
やっていいことと、やっちゃまずいことがちゃんとわかる。

何も知らず、ただの興味本位でやっちゃうと
自分だけじゃなくて、誰かにも
災いがおきちゃうんですよね。

いろんな体験しまくっていて、聞きまくっているはずの保志乃さんですが
今回の西浦和也さんのお話、何度も怖がりまくり。

怖がっているはずなのに
「そのテープあるから、今度聞かせようか?」
と、西浦和也さんが言ったら
「怖いけど、聞きたい~」ってwww。

次回の収録は、5月15日(土)に行うのですが
緊急事態宣言が解除されるということなので
次回は、久しぶりの公開収録!
■「月刊怖イ話」公開収録
 https://www.facebook.com/events/768772794038795/

首を長くして待っていてくださった皆さま
ぜひぜひ、二人のお話を会場で楽しんでください☆

 

▶ ページトップへ