好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

diary

2017年8月4日

親子で体験!JAPONIC(自然栽培)! vol.1 その4

   

羽咋3日目は、JAPONICの講師をしてくださった
廣さんの取材&経営されているお店へ。

廣さんは自然栽培を実践している農家さんの中でも
さらに稀有なことをしていて
固定種の種にこだわって栽培をしています。

わたしが個人的に知りあった自然栽培を実践している農家さんも
栽培方法だけでなく、種にまでこだわっている人が多かったのですが
意外や意外、自然栽培をしている方の中で
そこまでこだわる方は、皆無に等しいそうなのです。

多分、みんな
知ってはいるけれども、生活のことを考えると…
なのだと思います。

■固定種とは
 (廣さんとの会話の中にも出てきたタネ屋さん。おすすめです。)
 http://noguchiseed.com/hanashi/F1or.html

なぜ、廣さんのことを粟木さんが
「教祖」と表現をしたかというと
わたしなりの勝手な解釈ですが
見ているところ・目指しているところが
半端ないんですよ。

ビジネスが、経済が、お金が、生活が
ということ、廣さんの身にも
降ってきているに違いありません。

だけれども
そこに足をすくわれることなく
ガチで地球のこと
これからの未来のこと
子供たちのことを考えて
行動をおこしています。

「経済圏」・「経済観念」をひっくり返すシステム構築して
そして、それ、ほんとに実践しちゃってますからね。
心強いこと、この上なし。
泣き言、言い訳なんてできませんよ。
だって、実践しちゃってるんだもん(笑)。
そういう人がいるんだもん。

そんな廣さんの人生を変えたのが
木村秋則さんと木内鶴彦さん。
このお二人の書籍に出会い、それまでの人生が一変したそう。

一目見たとき、わたしが何を感じたかっていうと
ああ、木村さんと同じような佇まい、雰囲気を身に纏っている人だなあって。

柔らかな印象を受けますが(もちろんその通りのお優しいお人柄ですが)
自分の信念にかかわることになると
一歩も引かぬ強さを兼ね備えている人のように感じました。

そんな廣さんのお店は、とってもおしゃれ。
どんなこだわりがあるのか目的じゃなくて
純粋に、女性の方、わー、きゃー喜んじゃいそうなお店なのです。

お肉や卵を食べないわたしにとってはとってもうれしい
出されるものはすべて植物性という!!!
天国みたいなお店。

■たねのわ
 https://tanenowa.shopinfo.jp/

■廣さんの農園
 https://www.facebook.com/NiceFarm/?sw_fnr_id=1214730582&fnr_t=0

廣さんとわたしたちはちょうど同年代で
自分たちの世代がしていくことについてなんかも話したりして
延々としゃべり続けていたかったです。

視線を反らすと、あれ?
廣さんのお店に、水野さんのお姿が(笑)。
ほんと偶然
この日、水野さんも
廣さんのお店で打ち合わせの約束をしていたそう。
どこまでもご縁のあるわたしたち☆

■水野さんのHP
 http://r.goope.jp/feelwindofnoto

今、羽咋や自然栽培の核にいる人たちは
平成20年2月20日にコスモアイル羽咋で開催された
木村秋則氏の講演会をきっかけとしたメンバーとのこと。

集合的無意識のようなものが作用しているのでしょうね。
わたしもそこにいたかったーーーー(笑)
でも今こうして、そういった方々と繋がれているからよしです。

この3日間通して、思いっきり感じたことは
ここにいる人たち、出逢った人たちは
頭でっかち、口だけじゃなくて
実際に手足動かして、実践、現実化していっている人たちっていうこと。

悩んだり、壁にぶちあたったり
もうどうしようっていうことたくさんたくさんあるけれども
それでもとにかく前に進んでいっている、行動を起こしている。

そんな人たち、目の当りにしちゃったら
もう自分もやるしかないです。

木村さんや高野さんに実際にお会いしたり
講演会でお話を聞いたりすると
背中を後押しされたり
何か自分でもできるかも、しよう
っていう気にさせてくれるのは
熱量のある人たちだから。

そんな熱量のある人たちで溢れかえっている羽咋。
これはね、一度その光線、浴びちゃってみるのおすすめしますよ。

秋にもJAPONICイベント開催できたらなあって思っているので
ぜひともスタンバっていてくださいね。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
▶ ページトップへ