好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

diary

2018年7月25日

月刊むっちゃん9月号収録日記

暑い暑い夏の日。
人だかり多い池袋の外気温は、実測で35度を超える土曜日でしたが、
元気に始まった月刊むっちゃん。

テーマ
「日清・日露戦争の謎」第2回目。

この辺りの時代は、小、中、高校ともに学校では「さらっと」流されるところ。
また、出来事や事件 についての 見解 や 真実も、曖昧で見えにくく、触れにくい時代。

そこを‼︎
グイグイっと入っていくのが、月刊むっちゃんで(笑)。

例えば。

1984年の大山巌大将指揮下の日本軍第2軍が、非戦闘員、婦女子、幼児などを虐殺したーとアメリカのワールド紙などで報じられていることについて。

ホントなの❓どうなの❓との質問に。
「大山巌は、西郷隆盛のいとこですよ、あの、せごどんの!‼︎」と、むっちゃん先生。

例えば。

三国干渉。
日本側が要求した講和条約案は、日本があまりにも強引で慇懃な要求をしたーという見解について。

どうなの❓どうなの❓と直球を投げてみると。

いやいや、相手の国が、自国民にカッコつけられるようにーという
日本的折り合い交渉 だよ、と教えてくださる むっちゃん先生。

さまざまな情報が飛び交い、
「歴史的史実」なのか「歴史を個人的見解から物語ったものなのか」が、見えにくくなっている昨今。

国際紛争の解決策は、戦争しかないのでしょうか?
という、会場からの問いにむっちゃん先生はおっしゃいました。

戦争はしないーという前提で。
日本にとって大切なのは
教育、財政、軍事、外交ー特に教育の中で「郷土愛、愛国」が重要。
他国を取っても、なんの得もない。
自分の国を大事にするように、相手の国も大事にー。

まさに、和の心 ですね!

直会でも、先生の著書に関すること、みなさんの興味関心に関すること、
そして
諏訪大社のヒミツなどなど、ふかーい語らいの時間となりました!

このところ、内容がディープな「月刊むっちゃん」‼︎

次回収録は、8月11日土曜日。
キーワードは
児玉源太郎、乃木大将、そしてバルチック艦隊(笑)‼︎

みなさんのご参加を、お待ちしております!

https://mugenju.com/content/?id=1264

▶ ページトップへ