好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

content

月額制

画像

MUGENJU倶楽部 専用コーナーを表示するにはログインが必要となります。

MUGENJU倶楽部

500円/月
クレジットカード決済


ご加入はこちら

動画1: 失われた天照大神の大預言『カゴメ唄』の謎 第1章~第3章 月刊ASKA No.1 2017年11月号

動画2: 月刊エスパー・小林 2017年6月号

動画3: 古代日本とユダヤ(ユダヤ人渡来説)(後編) 月刊久保有政 No.2 2017年8月号

動画4: 「移譲」 月刊怖イ話 2017年11月号 短いお話その1

動画5: 「夜鷹」 月刊怖イ話 2017年11月号 短いお話その2

動画6: 「助けて」 月刊怖イ話 2017年11月号 短いお話その3

動画7: 「草原で」 月刊怖イ話 2017年11月号 短いお話その4

動画8: 「縄文の石」 月刊怖イ話 2017年11月号 長いお話

動画9: 第1チャクラとお金について 月刊不動樹里 No.6 2017年10月 今月のテーマ

動画10: 第1チャクラとお金について 月刊不動樹里 No.6 2017年10月 教えて!不動樹里先生

動画11: 第1チャクラとお金について 月刊不動樹里 No.6 2017年10月 サンクチュアリ祈りの時間

動画12: 帝都の謎 vol.1(江戸の街づくりと歴史的事件) 月刊むっちゃん No.23 2018年3月号

12本の動画があります。下の画像をクリックすると動画が切り替わります。

  • 動画

    動画1

  • 動画

    動画2

  • 動画

    動画3

  • 動画

    動画4

  • 動画

    動画5

  • 動画

    動画6

  • 動画

    動画7

  • 動画

    動画8

  • 動画

    動画9

  • 動画

    動画10

  • 動画

    動画11

  • 動画

    動画12

再生方法の詳しい解説は≫こちら≪

好奇心追求サイト夢源樹のサポーター・コミュニティ「MUGENJU倶楽部」始動!

【「MUGENJU倶楽部」ってなに?】
夢源樹を300%お楽しみいただくための有料サポーターコミュニティ(月額課金制)です。

大変失礼ながら、夢源樹の店主は、常日頃から夢源樹会員の皆様のことを「お客様」ではなく、同じ趣味・嗜好をもつ「仲間」と考えております。そんな大切な仲間の支えがあって、なんとかここまで無事にやってこれた訳です。心より御礼申し上げます。

「仲間」との結びつき・繋がりをさらに強くして、「仲間」にもっともっと夢源樹を楽しんでいただけるコミュニティを構築できないものかと、無い知恵を絞って考え抜いた結論が、この「MUGENJU倶楽部」です。

これから「MUGENJU倶楽部」にご入会いただいた方のことを「サポーター」と呼ばせていただきます。そして、サポーターの皆様にご負担いただく会費は、夢源樹のコンテンツ・イベントの制作・管理・運営等に充てさせていただきます。

しっかりと会費まで申し受ける訳ですから、サポーターには、たっぷりとその恩恵を受けていただかなくてはなりません。ということで『3つのサポーター特典』をご用意いたしました!

【「3つのサポーター特典」ってなに?】
<特典1> サポーター限定イベント&コンテンツのご提供
・MU Tube終了後に、スタッフで反省会と称する(?)打ち上げを毎回しているのですが、年に数回は、サポーターを交えた反省会を開催したいと考えております。

・また、オカルトマニアな方には絶大な人気を誇る、怪しすぎる業界関係者だけの集会オカルト部、通称「オカ部」ですが、この「オカ部」へのご参加も、人数制限は必要になることは間違いありませんが、サポーター限定の参加枠を確保すべく動いております。

・サポーターに限りでご視聴いただける映像を期間限定で公開させていただいたり、その他、店主の思い付きや、スタッフ、サポーターのご意見を反映した「気まぐれ企画」なども、いろいろと考えたいと思っております。

 <特典2> サポーター優待制度(各種ディスカウント&ポイントバック等)のご提供
・居皆亭(いるみなてい)やオカルト女子会の公開収録等、夢源樹の各種イベント・コンテンツ(月刊シリーズ関連を除く)に、サポーターの優待価格を設定して参ります。

・「優待制度」は、イベントやコンテンツによってケースバイケースです。ディスカウントの場合もあれば、ポイントバックの場合、はたまた、サポーター限定特典が付く場合もあろうかと。尚、イベントやコンテンツによっては、優待できない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

 <特典3> サポーター限定コミュニティのご提供と情報配信(情報発信&先行予約)
・サポーター限定コミュニティとしてFacebookグループ(非公開)「MUGENJU倶楽部」を立ち上げます。ここでは一般告知に先駆けた各種情報を配信させていただくだけでなく、人気のイベントについて、先行予約や先行販売なども考えております。

・また、月刊シリーズの購読者限定で販売しているアイテム等についても、一部、サポーター向けにご紹介できるかもしれませんので、どうぞご期待ください。

【具体的にどんな「サポーター特典」があるの?】
2018/4の「MUGENJU倶楽部」発足に伴い、まずは、3つのサポーター特典をご用意いたしました。期間限定の特典もございますので、予めご了承ください。尚、サポーター特典は、今後もどんどん追加・更新して参りますので、夢源樹のHPやFacebookを、常日頃から、よ~くチェックしてくださいね!(笑)

①夢源樹の月刊シリーズ(全6種)のフル動画(各1本)をご視聴いただけます!
2018/4現在、夢源樹の「月刊シリーズ」は、飛鳥昭雄さん、エスパー・小林さん、久保有政さん、竹内睦泰さん、西浦和也さん、不動樹里さんと現在、6人の先生方の「月刊シリーズ」を運営しております。

「興味はあるけれど、、、ちょっとだけ視聴できないの?」

と無料配信のダイジェスト映像だけでは、なかなかコンテンツの内容がよく分からないと仰る方のために、「月刊シリーズ」全6本のフルバージョン動画(各月刊シリーズにつき、夢源樹が選定した1本のみ。ご視聴いただく動画のご選択はできません)をご用意いたしました。

②「オカルト女子会(公開収録)&翡翠ツアー in 糸魚川」にサポーターを▲25%OFFでご優待!!
今年もやりますよ!「6/14~15 オカルト女子会(公開収録)&翡翠ツアー」昨年、翡翠をゲットできなかった方から、打倒!ヒゲのおじさんを狙う方まで、チャレンジャーのご参加をお待ち申し上げております。

尚、昨年の「大赤字」収支を猛省しての値上げにつきましては、何卒ご容赦くださいませ(汗)。こちらは一般料金16,000円/1名に対して、サポーター優待料金を▲25%OFFの12,000円/1名に設定させていただきました。

また、今夏以降の「秘密喫茶 居皆亭(いるみなてい)」については、従来の「第一部トークライブ+第2部 懇親会」の第一部と第二部を分轄開催にさせていただく予定です。第一部のトークライブだけでもご参加いただきやすくするために、色々と動いておりますので、今しばらくお時間をいただけたらと存じます。

②まだ、日程が確定していませんが、、、サポーター限定企画「MU Tubeの打ち上げ」を開催!(する予定です)
MUGENJU倶楽部」の発足と同時に、新しいイベント・企画を思案中ですが、その一つが、「サポーター限定イベント」です。

中でも、MU Tubeにご来場いただいた夢源樹会員の皆様からのリクエストが多かったのが、MU Tube収録後の出演者、スタッフを交えた「打ち上げ」です。これを時々(年に2~3回)やっちゃおうかな?と考えております。

【料金体系】 
月額課金制  毎月 1口~無制限(1口=500円) 

・1口500円です。毎月1口以上であれば、2口でも、3口でも、100口でも結構です(笑)。尚、口数が多くてもサポーターとして受けられるサービスに変わりはございません。おそらくですが。。。(笑)

・毎月20日に翌月分の会費をカード決済させていただきます(初回はお申込日当日に、2回目(お申込日の翌月)以降は、毎月20日に課金・決済させていただきます)。

・初月のサポーター特典はサービス期間として無料でお楽しみいただけます。

【ご注意ください】
・「MUGENJU倶楽部」は「月刊シリーズ」と同じく購入後3ヶ月間は退会できないルールです。必ず3回決済が行われますので、予めご了承いただいた上でご入会をお願い致します。

・また、退会されたい場合は、Shop Info まで課金決済日(毎月20日)の5営業日前までにEmailにてご連絡くださいませ。5営業日前を過ぎてしまいますと、次回の決済が行われますので、ご注意ください。

・サービス内容・特典等は、事前通知なく変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

・「MUGENJU倶楽部」では、夢源樹の店主の独断で、ご参加をお断りする場合がございます(既にご入会いただいている場合でも、退会とさせていただく場合がございます)。その際に、理由等は一切連絡・開示いたしませんし、返金等にも応じられませんので、予めご了承ください。

【店主のひとこと】

Kさんとの出会い

夢源樹の店主が、この世界に足を踏み入れたきっかけは、ある著名な能力者Kさんとの出会いでした。幼い頃からテレビの超能力番組に出演していたあの著名人が、いま目の前に、、、それも、Kさんのご自宅での飲み会でしたから、興奮しない訳がありません。

「これからビジネスを始めるんだ。事業プランみてみる?」

と満面の笑みを浮かべながら語りかけてくるKさん。この飲み会に連れてきてくれた友人から、小生のプロフィール(多少、企業経営に関わりがあるものでして)を予め耳にされていたのでしょう。Kさんの隣に座っていたビジネスパートナーが、おもむろに差し出した事業計画書にひと通り目を通したのですが・・・う~ん。。。思わず黙り込んでしまいました(汗)。

そんな小生の態度に、かなり不満気なKさん。「素晴らしいプランですね。これなら成功間違いなし!」おそらくこんなコメントを期待されていたのでしょう。本当に申し訳ない限りでした(汗)。

何とかその場は、適当にお茶を濁してやり過ごしましたが(汗)、そうこうするうちに飲み会もそろそろお開きに近づいてきました。一人帰り、二人帰り、、、と最後に、Kさん、小生、友人の3人だけになってしまいました。そこで改めてKさんから

「さっきの事業計画どう?」

当たり障りのない言葉でもう一度お茶を濁す選択肢もありましたが、お酒もかなり入っていたはずなのに、Kさんの眼差しは真剣そのもの。ついつい正直な感想を述べてしまいました。

「Kさん、これは、やめておいた方が良いと思いますよ。」

話しをすればするほど、表情が曇るKさん。そりゃそうです。頭の中に描いていたサクセスストーリーが、真正面から初対面の輩に否定された訳ですから。

「あ~。。。やっちゃった(汗)。」

翌朝、後悔しまくりでした。Kさんにも、Kさんのところに連れて行ってくれた友人にも、申し訳ない限りでした。

それから半年くらい経った頃だったでしょうか、その友人からもう一度Kさん宅に遊びに行こうというお誘いが。

もう二度目はないと思っていましたが、友人によれば、前回のことをKさんは全く気にしていないのだとか。だったら、この機会にしっかりと非礼をお詫びしておかないと。そう思って、2回目のKさん宅訪問となりました。すると。。。

小生が半年前にダメ出ししたビジネスが、なかなか思うように行かず、挙句の果てには、パートナーだった人物にお金を持ち逃げされてしまったのだとか。この一件があって以来、「嫌なことでも、本音で話してくれる奴」とのご評価をいただけたみたいです。おかげさまで、今でもKさんとは、いいお付き合いをさせていただいてます。

Kさんのような有名人の周りには、どこからともなく邪な思惑をもった、お世辞にも筋が良いとは言えない有象無象が大勢集まってきます。前述のケースのように、能力者が不幸にも騙されてしまう例は、枚挙に暇がありません。こんな話をすると、「なんで能力者が騙されちゃうの?超能力で見抜けばいいじゃん!(そもそも超能力なんて嘘っぱちじゃないの?)」といった類の言葉を耳にします。

でも、能力者といえど全知全能の神じゃありません、得意なことも、不得手なことも併せ持つ「人」です。100mを9秒台で走れなくてもアインシュタインの頭の良さは変わりません。リーマン予想(ミレニアム懸賞問題)が解けなくてもウサインボルトの足の速さはかわりません。

この世の中には、いろんな輩がいます。側からみれば、小生も間違いなく怪しい人物の筆頭にあたることでしょう(笑)。特にこの世界において、本当に信用できる、本当に信頼できる、そんな人は極めて稀有な存在だと実感しています。

この時、Kさんのような、純粋で悪気の無い能力者が、悪い輩に騙されないようなシステムが出来ればいいな。。。と漠然と考えていたことを、朧げながら記憶しています。

Aさんの話

さて、次は、別の著名な能力者 Aさんのお話です。芸能界から政財界まで、各方面に多大な影響力を持つ人物で、国民的なお昼のバラエティTV番組にもレギュラー出演されていたほど。そんな多忙を極めていらっしゃるAさんに、こんな質問をしたことがあります。

「Aさんは、なぜマネージャーをつけないのですか?」

Aさんとの会話の中でふと思いついた、なに気ない質問だったのですが、非常に考えさせられる確りとした理由があったのです。そして、それはAさんだけの理由ではなく、他の先生方にも、ほぼ共通するものでした。その理由とは・・・

俄かには信じられないかもしれませんが、能力者がマネージャーや秘書を置くと(第三者にマネージメントを依頼すると)、彼らが「暴走」してしまうことが多々あるそうです。これだけでは、全く意味不明かと思いますので(笑)、少し分りやすくご説明させていただくために、「モノを透視する能力は抜群だけど人の身体を治すことはできない」能力者X氏という人物を想定してみます。

X氏は、ごく普通のサラリーマンでしたが、生まれながらにもっていた類稀な「透視能力」をもっていました。実は、X氏と同じ能力をもっていた母親から、この透視能力のことを「絶対に人前で話したり、見せたりしてはいけないよ。」と、幼い頃からキツく言われていました。

ところが社会人になって、ふとしたきっかけで「透視能力」をごく近しい友達だけに披露したところ、その場にいた友人の一人が、その一部始終を撮影した動画をSNSにアップしてしまいました。すると、ネットの世界だけでなく、新聞、雑誌、TV等あらゆるメディアが殺到して、瞬く間に拡散!一躍「時の人」になってしまいました。

昨日までは普通の人だったのが、だんだん「先生」と呼ばれることが多くなり、「透視能力」を使った仕事で、月収の何十倍ものお金が入ってくるので、X氏は、サラリーマンを辞めて、能力者として生計を立てることになりました。

そんなX氏ですが、メディアで取り上げられるほど、人気がでるほど、多忙極まりない生活になってきます。そうなるとオファーされる仕事の選択、条件交渉、スケジュール管理などなど、もう誰かに全部任せてしまいたい!と、X氏に限らず、誰もがそんな心境になってしまうのは、想像に難くありません。

悪意のアプローチ

 問題が起こるのは、ここからです。X氏の周りには、必ずこんな人物が現れるそうです。

「X先生!いやぁ~、先生の透視能力は素晴らしいですね。ご多忙極まりないようですし、いかがでしょうか?この分野に知見があって、実績も申し分ない、このわたしにマネージャーをやらせていただけませんか?バンバン仕事をとってきますから。先生は落ち着いてドーンと構えていてくだるだけで結構です。面倒なことは全て私が引き受けますから。」

こうした悪い輩が引き起こす、典型的な犯罪行為は「横領」です。X先生の知らないところで、勝手に料金を吊り上げて、差額を着服する行為を繰り返す訳ですが、この手の問題は、ある意味どんな分野でも発生します。この世界独特の問題を、ひとつご紹介しますと・・・

「じつは、X先生の特殊能力は透視だけじゃありません。あなたのガンだって治せるんですよ。でも、、、色々と必要になってきます。いかがなさいますか?」

こんな感じです。「横領」を通り越して「詐欺」にまで発展する訳です。この手の輩は、X氏の名前を最大限に利用して、X氏のまったく知らないところで、多方面から多額の金銭を騙し取る詐取行為を繰り返します。そして、そろそろ問題が発覚しそうだな・・・という絶妙なタイミングで、お金だけを持ち逃げして行方をくらます。こうなってしまうと、たとえX氏が一切関知していない、悪徳マネージャーが勝手にやらかした犯罪だったとしても、世間的には、

「悪徳霊能者X、(医者でもないのに)難病を完治させるとウソをつき、病人の弱みにつけこんで多額の金銭を騙し取る!」

となってしまう訳です。こうなったら、もうX氏は社会的に抹殺されたも同然、「終わり」です。こうした悪い輩にとっては、利用する霊能者X氏が本物かどうかなんて関係ありません。また、X氏がお金をもっているかどうかも、ある意味どうでもいいことです。なぜなら、X氏の名前を使って、お金を作り出すことが目的なのですから。汚名を着せられるX氏は、たまったものではありません。

このように、側近が悪党でしたというのは、よくある話です。けれども、この世界では、最初はごく普通の、どちらかといえば「善」だった人が、段々と「悪」に染まってしまうことが、頻繁にあるのだそうです。そんな例をひとつご紹介いたします。ここで、もう一度X氏に登場していただきましょう(笑)。

善意の豹変

凄腕の霊能者X氏のもとには、なんとかX氏に透視して欲しいと、全国各地から依頼者が押し寄せます。3ヶ月先まで予約が全部埋まっている。そんな予約管理から顧客対応まで、一手に引き受けているのがマネージャーのYさんです。

X氏に透視をしてもらい、その結果に感銘を受けたYさんは、X先生への尊敬と憧れから、とにかく何でもいいからお手伝いをさせ欲しいと、X氏のもとに転がり込んできた人物でした。この時点では、Yさんに一切の邪な想いはありませんでした。

ところが、X氏のマネージメントに携わり、X氏のすぐ側で「透視」活動をじっくりと観察する機会が増えてくると、、、徐々にYさんの心境に変化が出てくる場合があるそうです。一般的には、常に「先生、先生」と呼ばれている場に同席しているYさんが、マネージャーの立場なのに、まるで自身が偉くなったものと勘違いして、お客さんに横柄な態度をとることが考えられます。でも、これもごく一般的なことで、この世界特有のことではありません。

「これ(透視)くらいだったら、私に出来るかも・・・」

そんな想いが芽生えてくるケースが多々あるのだそうです。Aさんのお話を聞かせていただいた時には、正直なところ全く信じられなかったのですが、別の先生方からも同じような話を聞かされたことがあり、決してレアなケースではない。寧ろ、かなりの確率で発生するケースなんだということに、小生自身、驚きを隠せませんでした。

ここからYさんが取る行動は、徐々に「これならX先生じゃなくて、私がやれるかも・・・」となり、だんだん「X先生よりも、私の方が・・・」と変化し、最終的には、X先生のもとに訪れるお客さんに対して、「私が一番上手にできます!じつは、X先生はそれほど大したことないんです。」と、Yさん自身の売り込みにとどまらず、X先生批判にまでエスカレートしてしまうことも少なくないのだとか。

X先生からしてみれば、まさに「飼い犬に手を噛まれる」状態です。この異変に気づくのが遅れてしまった場合、クライアントの激減という、X先生にとっては、死活問題になりかねないほどの経済的ダメージを被ることになりかねません。なにせ、一番の味方であるはずのスタッフが、悪評を撒き散らしてしまっている訳ですから。

永年信頼できるマネージャーと寄り添っている能力者は、それ自体が超ラッキーなのかもしれません。たしか、ユリ・ゲラーのマネージャーをやっていらっしゃるシッピさんも、たしか義理のご兄弟だったかと。側近には、絶対に信用のできる人物を置きたいというユリの判断は、至極納得しうるものです。

さて、前置きが長くなって恐縮です。ここからが、夢源樹を立ち上げた理由です。

消費者目線でみてみると・・・

消費者目線で考えてみると、広く世の中で「能力者」と呼ばれている人物でも、いったい誰が「ホンモノ」で、誰が「ニセモノ」なのか、まったく見分けがつきません。だからこそ、この世界に興味はあるけれども、なかなか一歩踏み込めないでいる方が大半ではないでしょうか?

また、「ホンモノ」だったら大丈夫なの?という問題もあります。というのも、ホンモノの能力者が「善人」であるとは限りませんし、善人であるかどうか自体わかりません。小生の少ない経験則からして、能力者の「能力」と「人格」の相関関係は、まったくないと思っています。

そこで、夢源樹が「ホンモノかどうかを見分けるフィルター」に、さらに「安全性を見分けるフィルター」になれたらいいなと考えました。でも、残念乍、この世界にホンモノとニセモノ、善と悪を見極められる、そんな都合のいい「検証装置」なんて存在しません。

ただ、ごく普通の生活を送っている皆さんよりも、この世界の方々とのお付き合いが相応に深い夢源樹の店主は、多少なりともフィルターの役割を果たせるのでは?と考えています。

最初に申し上げておきますが、夢源樹の店主は、基本的にビビリです(汗)。怪しい人物には惹かれませんし、怪しい場所にも絶対に近づきたくもありません。危険を冒してまで、この世界を楽しみたいだなんて、これっぽっちも思っていません。決して危害の及ばないであろう「安全圏」で楽しむことを第一と考えて判断・行動しています。

また、夢源樹の店主は、好き嫌いがはっきりしています。能力者の能力がどんなに高くても、どんなに善人であったとしても、嫌いな人とお付き合いしたいと思っていません。ま、一応は社会人なので、最低限の社会性は持ち合わせているつもりですが(汗)。

あと、お客様のことを「神様」と思っていません。一緒に好奇心を追求する「仲間」と考えています。夢源樹のイベントに参加される方の中には、「俺は、クソ高い参加費を払ってきているんだ。ファーストクラスの客のように扱え!」と顔に表れている方が(口に出される方も)時々いらっしゃいますが、夢源樹に、そんなレベルのサービスを求められても、ご期待に添えませんので、あらかじめご了承ください。どちらかと言うと、(お金を払っているのに)あんなことや、こんなことまでやらされた!になっちゃうと思います。こんなコミュニティを心底楽しめる方のみ、夢源樹のイベントにご参加いただけたらと考えております。

ちょっと話がそれましたね、申し訳ございません。そんな夢源樹ですが、どんな方法でお付き合いをさせていただく先生方にアプローチしているか、簡単に説明させていただきます。

夢源樹の「先生」方へのアプローチ方法

まずは、興味をそそられる「先生」をみつけるところから。

夢源樹の店主たる小生が、個人的に興味を持つこと。これがスタートラインです。スタッフや関係者、イベントにご参加いただいた皆様から、「この人、スゴいよ!」「あの人はメチャクチャおもしろい」といった情報がきっかけになります。その「先生」を一通り調べてみて(その先生の著書、動画、ネット情報、評判等)、興味が湧いてきたら次のステップです。

ここからは、夢源樹を通じて繋がりのある方々に、対象となる「先生」の評判等をヒアリングしています。これが、この業界ならではのフィルターになります。どれだけTVや雑誌で活躍していても、どれだけたくさんの本を執筆されていても、同業者の中で評判の悪い方、多方面でトラブルが絶えない方には、最初からアプローチいたしません。他にも、可能な限りの情報収集を図った上で、夢源樹としてアプローチするかどうか判断しています。

その上で、継続してお仕事をご一緒させていただきたいと思った「先生」には、必ず店主たる小生が直接お会いして、話をさせていただいております(単発イベントの場合には、直接お会いしていないケースも多々あります)。その上で、今後、ぜひ一緒にお仕事をさせていただきたいと感じた先生にのみ、正式にお仕事のオファーをさせていただく流れです。

どんなにお偉い先生であっても、このプロセスは大事にしています。直接お会いして、話してみないことには、なかなか判断できません。良し悪しの問題だけでなく、相性の問題もありますので。一度、お会いして話をしただけで、その人物の本質を見極めるのは、なかなか難しいものですが(まあ、無理です)、ただ、この人物は無理だな。とか、相性が合わないな。という判断はそこそこ可能ですし、かなり有効な判断プロセスであるとも考えています。この「直感」を本当に大切に考えています。

そして、できるだけ1度、単発のお仕事を一緒にさせていただいています。これで、大体のことは分かります。更に夢源樹のように、スタッフにおんぶに抱っこの運営をしている会社では、スタッフとの相性も大事な判断要素です。スタッフがNGを出したのに、店主がゴリ押ししたことは、これまで一度もありません。ま、それだけスタッフに頭が上がらないだけなのかもしれませんが(汗)。

これらのステップを経て、いまお付き合いをさせていただいている月刊シリーズの先生方がいらっしゃいます。この夢源樹のフィルターを信用するかしないかのご判断はお任せいたします。

夢源樹では、あらゆるコンテンツ、イベントにおいて、絶対に無理強いしないというポリシーがあります。本当に好きな方、興味をもって楽しめる方だけにお集まりいただいて、一緒になって好奇心を追求していただけたらと考えていますので、是々非々にてご検討ください。

能力者目線でみると・・・

さんざん消費者目線で語ってきましたが、前述の通り、先生方からしてみると、ご自身をカモにして甘い汁を吸ってやろうと集まってくる悪い輩が、この世の中にはゴマンといる訳です。夢源樹もそんな輩の1人と確実に疑われていることでしょう(汗)。

先生方からしてみれば、一緒に仕事をするにあたり、本当に信頼できる相手かどうか、そして、しっかりとギャラを支払ってもらえる相手かどうか、これがビジネスとしてお付き合いする上でのポイントになります。

最近では、夢源樹の認知度も、そこそこ向上してきたのか「どこの馬の骨とも分からない奴と一緒に仕事できる訳ないだろ!」といった叱責を受けることは、随分なくなりましたが(笑)、先生方からいかに信用していただけるかどうかは、夢源樹の最大の課題な訳です。

色々と誤解も多いので、あえて経済的な話に踏み込んでみますが、夢源樹の基本的なポリシーにWin-Winの発想があります。イベント等の事業収益(諸々の経費を差し引いた後の)は、先生方と折半にさせていただいていますが、逆にいえば、収益が出ない場合には、先生方にお支払いできるギャラも雀の涙となってしまう訳です(汗)。残念乍、これが理由で夢源樹から離れていった先生方もいらっしゃいます。。。と辛気クサイ話はさておき、先生方と夢源樹の二人三脚で「売上アップ」を目指して、日々活動しております。

よく「夢源樹は高いんだよ。」といった声をいただくことがあります。参加者の皆さんに楽しんでいただいた対価として申し受ける収益は、しっかりと先生方にお届けしていますので、ご理解いただけたらと存じます(赤字の場合は、さすがに夢源樹で負担していますので、どうぞご心配なく)。

夢源樹とお付き合いいただくことで、先生方にしっかりとギャラをお支払いしてご満足いただく、お客様には、先生方と共有する時間や、同じ趣味に集まる仲間とのコミュニティを楽しんでいただく、そしてスタッフにも気持ちよく楽しみながら仕事をしてもらう。これが、夢源樹が目指しているところです。

MUGENJU倶楽部の設立にあたって

さて、最初は店主一人だけでスタートした夢源樹も、おかげさまで、そこそこの所帯になって参りました。色々なところからコラボのお声掛けをいただいたりもしております。そんな夢源樹ですが、正直に申し上げると、事業運営がそんなに楽ではありません(汗)。売上規模があと3~5倍になれば、そこそこの中小企業に、10倍くらいになれば優良企業になれるんじゃないかな・・・とは思っています。

これまでは、店主自身が何年もの間、個人の資金を注ぎ込み続け(この金額を家内に話したら、離婚届を突きつけられるだろうな・・・)、スタッフはブラック企業のように労働対価に見合わない薄給でコキ使われ(汗)、神様のような先生方からのご支援&ご協力と、仏様のような夢源樹会員の皆様のご支援に支えられて、何とかここまでやって参りました。

あらためて申し上げますが、夢源樹の店主は、夢源樹会員の皆様のことを「お客様」ではなく、「仲間」と考えています。同じ趣味・テーマに興味を抱き、そこに集う「仲間」達と一緒に、徹底的にそれを楽しんで追求するコミュニティが夢源樹のコンセプトです。そこで、

「よしっ、おれがサポートしてやるぜ!」

「わたしも一緒に応援するわ!」

と思っていただける皆様のサポートを、是非ともお願いしたいと考えて、このMUGENJU倶楽部を立ち上げました。毎月1コイン(=500円)から、10コインでも100コインでも上限はありませんので(笑)、ご無理のない範囲内でご支援いただけると幸甚です。

「MUGENJU倶楽部の会費は、何に使うの?」

と質問されたら、あれもこれもと迷いますが、、、真っ先に思いつくのが居皆亭です。信じられないかもしれませんが、これまで居皆亭にご出演いただいた先生方には、「いろいろ大変だと思うけど頑張れよ!」とのご支援の言葉をいただき、本当に薄謝(交通費)だけで快くご出演いただいておりました(というか、現在進行形ですが)。

時には、事前の話し合いがうまくできておらず、お車代しか入っていない封筒をみて「えっ、たったのこれだけ?」と口には出さずとも、目を見てすぐにわかる反応をお示しになる先生方もいらっしゃいました(汗)。

こうした先生方に、「もう一度、夢源樹と一緒に仕事をしてみてもいいかな」と思っていただけるくらいのギャラはお支払いしたいな。。。などと考えております。

他にも、まだ構想段階の新しいイベントやコンテンツの制作や、参加者のご負担が少なくなる「大規模なイベント」なども手掛けてみたいと考えております。東京ドームを借り切って「オカルトフェス」なんかもいいですね。と、色々と妄想は膨らんでしまいますが(笑)、何よりもまず優先したいのは、スタッフや関係者のギャラをもっと上げたいですね(汗)。ブラック企業と呼ばれないように。。。

あと、これだけはMUGENJU倶楽部にご入会いただく前にご理解いただきたいのですが、、、

この世界は、かなりディープです。皆様からいただくご意見、リクエスト等は多岐に亘るだけでなく、かなり掘り下げたものまで届きます。非常に有り難いことなのですが、なかなか全て対応しきれるものではありませんし、どれだけ体力や時間に余裕があっても、絶対に踏み込めないこともあります。

一つひとつ丁寧にお客様の声に向き合って・・・と対応するのが一般企業のあるべき姿ですが、申し訳ございませんが、夢源樹では無理です。ゴメンナサイ。最初にお詫びしておきます。

さらに、夢源樹は、あくまで店主の独断と偏見に加え、店主個人の趣味・嗜好の赴くままに活動させていただきます。これは夢源樹の立ち上げから一切変わることのない基本スタンスです。

こんな我が儘で、排他的で、独善的な夢源樹であっても、応援してあげるよ!と仰っていただける奇特な方がいらっしゃったら、是非、MUGENJU倶楽部にご入会いただき、夢源樹をサポートしていただけたらと存じます。

本当にわがままで申し訳ございません。夢源樹としては(というよりも、店主個人として)、MUGENJU倶楽部にご入会いただいたサポーターの皆様に、夢源樹を300%お楽しみいただけるように、徹底的にサポーターを厚遇させていただけるような各種企画やイベントを提供して参りたいと考えておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

夢源樹の店主 松居 武志

▶ ページトップへ