好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

絞り込み検索

2021年9月19日

「月刊怖イ話」10月号&11月号収録

2021年10月末に、竹書房から
「出雲怪談」という書籍が出版されるそうで
そこに西浦和也さんも寄稿していて
そのせいか、今回のリアル怪談は
「出雲」・「山陰」の怪談が多かったです。

「出雲」といえば、ちょうど今
「古代信仰」や「古代呪術」について書かれている本を読んでいまして
そこに「出雲」というキーワードがたくさん出てくるため
いつも以上に西浦和也さんのお話に耳をそばだててしまいました。

「出雲怪談」の紹介文に
神々が住まい妖怪蠢く山陰
島根・鳥取の実話怪談集!
という一文があるのですが、いろいろ調べていると
うーーーむ、島根、鳥取、山陰という地域には
何かがあるんだろうなあと思わずにはいられない地域です。

ここの地域に残る本当にあった怖イ話
書籍でとくと楽しみながら
西浦和也さんによる語りを「月刊怖イ話」を見て
怖さを何倍増にもしてお楽しみください~☆

山陰の怪談の話の流れから
西浦和也さんによる神話の解説があったのですが
これがまあ見事なまでにわかりやすい!

神話とか神社とかそういった基礎知識が一切ない人でも
「ふーーーん、そうなんだ」
とわかるような説明の仕方なので
リアル怪談を楽しみつつ、豆知識も増えちゃう
今回の「月刊怖イ話」。

「月刊怖イ話」購読者限定の袋とじ特典は
「おまえら行くな」の裏話&怖いかもしれない話。

保志乃さんが「おまえら行くな」の収録に同行して
一番印象に残っている場所について
お話してくれたのですが
その話から「新しい呪術のやり方」にまで話は展開していってました(笑)。

それにしても、「わら人形の聖地」といわれていた場所が
今やなぜか「縁結び」スポットになっているらしい。

これが一番怖イ話ではなかろうか…。

インターネットでさらっと検索してしまうと
このあたりのこと全くわからず
「わーーー、縁結びだって☆」
と、うきうき浮足だって足を運んでいると
実はその場所が…
というようなこと、思いっきりたくさんありそう。

ちゃんとした情報ソース、ほんと大切!

最後に西浦和也さんが
「こういった世界は、信じすぎないほうがいい
 信じすぎたら祟られる」
ということを話していて
な、なるほど、と。

皆さま、好きは好きでよいですが
盲信せず、信じすぎず
かといって、斜めにみるわけでもなく
ほどほどの距離感よりちょっとよりかなり近めくらいで
お楽しみくださいませ~♪

■「月刊怖イ話」
 https://mugenju.com/contents/?id=4169

2021年9月15日

☆*゚♪゚*☆オカルト女子会 第七十夜☆*゚♪゚*☆

見ていただきましたか?
まだの方は、ぜひまずはこちらを見てから日記を読んでもらえたらです↓↓↓
■☆*゚♪゚*☆オカルト女子会 第七十夜☆*゚♪゚*☆
 https://youtu.be/n7kTfJD-XAM

今回のオカルト女子会は、政清さんが手にしている
これを↑↑↑使って

編集長からもらった、オニグルミを割り、剥きながら
オニグルミを食しながら
オカルト女子会を進めていきました☆

編集長からオニグルミをもらったから
ただ単純にオニグルミをもしゃもしゃなわけではありません。

なんてったってオカルト女子会ですから
オニグルミもオカルトなのですwww

ご存じの方も多いかと思いますが
この本に関連するのですよ、オニグルミが。

というか、くるみを食べるのが
こんなにも大変だったなんて、と衝撃でした。

普通に売られているくるみが
なんであんなきれいな形なんだろうって
剝いてみて、もうびっくりですよ。

日本人なら、オカルト好きなら
これはもう外国産のくるみ、ナッツなんて食べている場合じゃないです。

オニグルミ(和胡桃)を食べながら
縄文時代に思いを馳せ、縄文人になった気持ちになって
縄文時代のスピリットに目覚めちゃってください~☆

オカルト女子会が始まる前は
宣伝をmi-coさんがしているときに
政清さんは、mi-coさんのところに送られてきた
昔の「月刊ムー」を読みふけっていました。

結局、今回のオカルト女子会、何を話していたのか
あんまり覚えていないのですが
最後にmi-coさんが話してくれた
もののけ姫話には、すごい興味がわいてきたので
時間を見つけて、改めてもののけ姫を見てみたいと思います!

というか、みんなでもののけ姫、みたいなあ
mi-coさんがそこで解説とかしてくれつつ。

オカルト女子会終了後も
えんえんとくるみを割り続けながら
オカルト話を続けちゃっていました(笑)。

次回のオカルト女子会は、10月12日(火)20時からとなります。
■☆*゚♪゚*☆オカルト女子会 第七十一夜☆*゚♪゚*☆
 https://www.facebook.com/events/1734931816701785/?ref=newsfeed

オカルト女子会ライブ配信中にコメントを書いてくれる皆様の
情報が半端ないので
こんなこと話してほしい、とか
要望とかあったら、ぜひ、メッセージください!

2021年9月13日

ロミオ・ロドリゲスJrの実戦型メンタリズム・ワークショップ「対人コミュニケーションの心理術①」2回目

インテリジェンス
ロミオさんのお話を聞きながら、ずっと頭に浮かんでいた言葉。
メンタリズムってめちゃくちゃインテリジェンスなものだな、と。

インテリジェンスといえば
そう、スパイ!諜報員!!
諜報活動をするにあたって、これがない人、できないじゃないですか。
そして、諜報活動する人は、心理戦しているわけで
メンタリズムとかめちゃくちゃ叩き込んでいるんだろうなあ
なんてことをずっと考えていました。

だってですよ、ロミオさん言ってましたもん。
一目会った瞬間に、ごく自然に
その人がどういう人間なのかわかるって。

外見、体形、服装、身につけているもの、声のトーン等々を
瞬時にキャッチして、割り出せるって。

多分、わたしたちもこれ、無意識でごく普通にやっていること。
ただ、精度が違うだけで。

夢源樹の店主が読もうと思って購入していた書籍が気になって
今、借りて読んでいるのですが
(文体が今と違うので、なかなか読み進められていませんが…)
この人がやろうとしていたことも
諜報活動ができる人の育成、人材育成。

結局は、「人」。

もうね、みんな一度、ロミオさんのワークショップ受けて
メンタリズムというものを通して
インテリジェンスを学んでほしい。

日本のためにも世界のためにも(笑)

まあ、そういう一面があるメンタリズム
ではありますが、メンタリズムというと
皆さま、こういう方が興味あるんだろうなあ
ということをちらりと。

男性の皆さま、気になる人とお近づきになりたい
もっと直接的な言い方をすると
肉体関係を持ちたいな、となったときに
使えるメンタリズム、知りたくありませんか?

ふふふー、ロミオさん、教えてくれました☆

「ほほう、なるほどなあ、こういう手口を使うのか」
と、わたしは思いつつ
こういった手口を知ってしまった後だと
これを実際に男性からやられたら
魂胆が見えてしまって、ただただ引くなあ
耳年増になりすぎてしまうのも考えものかもしれん。
なんていう葛藤を一人勝手にしていました(笑)。

前回の茶話会の席では、惚れさせる催眠術があると仰っていて
みんな思いっきり食いついていましたが
今回の、ロミオさんによる実践的ワークを見ていると
ああ、それも可能なのかもしれない
と、思ってしまいました。

今回、わたしが一番ツボってしまったことは
ロミオさんによる似非霊能者ごっこ。

メンタリズムなどに興味がある方なら
耳にしたことがあると思いますが
「コールドリーディング」の手法についてもレクチャーしてくれて
この「コールドリーディング」をマスターしてしまうと
今日からあなたも立派な似非霊能者or似非占い師に
なれてしまうのです~!!!

しかも
「え、この人、すごいかも」
「なんでそんなことまでわかっちゃうのーーーー」
みたいなレベルの。

わたし、ロミオさんの似非霊能者ごっこ見ていて
「これ、わたしやれらたことある」
「この流れ、なんか記憶にあるなあ」
「あれだけの大金を払ったというのに、もしや…」
というシーンがずーーーーっとリフレインで
頭の中を流れ続けていました。

いいカモというのは、わたしのことを言うのです。
もっと早くにロミオさんと出会っていたら
結構な額、無駄にせずにすんだのに…
と、愕然としつつ
思いっきり笑いまくってしまいました。

「そうそう、それ、よく聞くフレーズ
 その流れ知ってるーーーー」
みたいな。

もうね、人の弱い心理、こうついていっちゃうのか
こういう流れで話を持っていくのね
って、ちょっとわたしもこれを真似して
実践してみたくなっちゃいましたよ。

詳しいことは書けませんが
大半は似非霊能者って。

ロミオさんが、あ、この人は本物だな
って思った方はごくわずか。

似非と本物の違いについても教えてくれました。

ロミオさん、高校生の頃からボクシングをしていて
世界チャンピオンになった人と
試合をしたときの話をしてくれたのですが
その時は、立っているのがやっとで
何が起きているのかわからない状態。

もちろん勝つことはできず
試合を終えてから一か月間
首が回らなくなってしまったそうなのですが
世界チャンピオンと戦ったことで
いつの間にか、今までできなかったことが
できるようになっていた
というお話をしてくれました。

敵わないもの
凄すぎるもの
一流とされるもの
本物といわれるもの
そういうものに触れることで起きる
化学反応的なことの実例。

なんでできるようになったのかわからないけれども
できるようになってしまう
説明がつかないことが起きてしまうのが
こういうものに触れることの凄さ。

多少というかかなり無理をしてでも
そういうものに触れること
尻込みせずみ飛び込むことって
本当に大切だなと、ロミオさんのこのお話を聞いて思いました。

あとはね、香港の大富豪に会ったときのお話。

その人たちって、ぱっと見、お金持ちです!
っていう感じではなく
全身ユニクロだったりするそう。

でもね、消せないものがあるんです。
お金持ちだってばれちゃう事柄が。
皆さま、なんだかわかりますか?

それは、「雰囲気」、「気配」。

それを察知できるかどうかの感度についてはさておき
わかる人がみれば、わかってしまうもので
それは消せないという。

あなたは、自分がどんな「気配」、「雰囲気」を漂わせているか
自分で自分のこと、わかっていますか?

いくら取り繕っても
多分、それはどこかしらからにじみでてしまうもの。

それを変えていく方法は
日々日々の自分の在り方、生き方、行動でしかなくて
簡単にどうにかできるものではないからこそ
隠せないもの。

多くの人には気づかれないかもだけれども
ロミオさんのような人には
察知されてしまう。

意外に目利きの人って多いですからね
そのお話聞きながら、そわそわしちゃいましたよ(笑)。

目には見えない、曖昧な「気配」、「雰囲気」を察知する際に
自分のセンサーを働かせるところは「違和感」。

あれって思うところをクローズアップしていくこと。

これって、なんとなくメンタリズムの精度をあげていくために
とっても大切なセンサーな気が。

2回に亘って開催したロミオさんのワークショップですが
知識はロミオさんから伝授していただいたので
あとは実践、経験値をあげるのみ!

ロミオさんもそういっていました。

経験値をあげて、精度をあげていくしかないのだな、と。

それにしても、ほんのちょっとした言葉の言い回し
この単語を使うか否かで
相手が受け止める感情がここまで変わるのか
等々、本当に勉強になりました。

あとは、違和感なく、ごく自然に
人と話をしながらそれができるようになるかどうか。

ワークショップに参加した皆さま
ぜひぜひ、ロミオさんから伝授してもらった
対人コミュニケーション術を使って
仕事、恋愛等々に思いっきり活用していってください~!

尚、こちらのワークショップの様子は動画に収録しています。
後日、この動画を販売しますので
気になる方は、そちらを購入して、勉強していってください!

ちなみにロミオさんは
メンタリズムを独学で習得したそうです。
DVDなどを見まくって。

なので、ロミオさんの動画を何度も見まくれば
あなたもロミオさんのようになれるかも??!

■ロミオ・ロドリゲスJrの実戦型メンタリズム・ワークショップ
 「対人コミュニケーションの心理術①」
 https://mugenju.com/events/?id=33307

 

2021年9月12日

「月刊保江邦夫」公開収録10月、11月号

はい、今回の保江先生のお話も、いつもと同じく
ぐぐっと聞き入ってしまい
あっという間に始まって終わっていきました。

2か月分の収録のため、収録時間、長いのですよ。
長いにも関わらず、長さを感じさせない
むしろ、瞬間、あっという間のような感覚に陥る。
これって、誰もが経験したことのあることですよね。

つまらないこととか嫌なことだと
ものすごく時間が長く感じられるのに
好きなこと、楽しいことだと
あれ、もう終わり??!みたいに感じてしまうこと。

これって、いったいなんでだろう
って、誰もが一度や二度、考えたことがあると思います。

今回の「月刊保江邦夫」では
この「時間」というものについてお話してくださいました。

「時間」のことについてお話しているときに
ギリシア神話が出てくるなんて!
今までこれっぽっちも興味のなかったギリシア神話なのですが
ちょっと勉強してみようかなってなっていたところに
保江先生のお話の中にもでてきて
俄然、注目度関心度がアップしちゃいましたw。

保江先生の著書の中に
「時間」について書かれているものがあり
その書籍に書いてあることも、教えてくださったのですが
保江先生が実践している「タイムデザイン」を
あなたはご存じですか?

ひえーーー、これ、公開しちゃっていいのですか??!

というものをご披露してくれたのです。
それは何かというと、保江先生の手帳。

そもそも時間をデザインする
という概念すら、自分の中にはなかったので
時間をデザイン??
時間ってそういうものなの?
というところから躓いてしまいつつ
保江先生が実践している手帳の活用法がまた斬新で
目からうろこぽろぽろ。

そもそも時間というものは
わたしたちの頭の中だけに存在しているもの。

また、時間というものは2種類ある。

過去でも未来でもなく
「今」であること。

そのことを縄文時代から、わたしたちの祖先はわかっていた。

偶然に身をゆだねるのではなく
意思をもって、意図をもって時間を活用するタイムデザイン。

わたしたちは未来を選択することができる。

その際に必要なことは、あれとこれ!
今を確定する方法について
実際に保江先生が実践していることを例に出しながら
お話してくださいましたので、楽しみにしていてください☆

話が前後してしまいますが
10月号では、な、なんと青森にある北斗七星伝説について。
日本全国いたるところに
もしや北斗七星の形に配置された神社があるの??!

しかもね、この神社たちに仕掛けられているものが
またもや興味そそられる事柄でして。

とある方が結界を張るために作ったようなのですが
え、あの人、陰陽師だったの??!

というところから、やっぱり青森、東北はすごいわ、と。

このあたりに住んでいた、とある部族の人たちと
その人たちの国について
いろいろ調べてみようと。

だって、「すべての文明の源」らしいのですよ。

そんなことを耳にしてしまったら
気になっちゃうじゃないですか。

ちょうど、恐山に雪が降る前に行きたいなあ
と思っていたのだけれども
これは恐山もだけれども
青森に張られている結界、7神社に参拝にいきたい、と(笑)。

だって、保江先生、青森の結界を張り直しに
先月青森まで行ってきたそうなのですが
保江先生が結界を張った翌日から
日本全国、いきなり雨模様に。

ずっと雨が降り続いていたのは
保江先生の行動のため、だったのか。

凄すぎる…。

このお話、時間内では終わらず。

「月刊保江邦夫」の特典映像は
通常ですと、質問コーナーの様子をアップしているのですが
急遽、10月号でお話できなかったことについて
続けてお話していただきました。

質問の中に、東京に張られている結界のひとつ
将門の首塚についてがあったのですが
北斗七星の中の、あるひとつは
○○を意味するらしいです。

ほほう、なるほど。

もうね、本当はあれもこれもいろいろ書き連ねたいのですが
それをやってしまうと
ネタばれになってしまうのでこのあたりにしておきますが
保江先生のお話を聞いて、調べたいことたくさん出てきちゃいました。

2021年最後の「月刊保江邦夫」公開収録は11月13日(土)。

今回は、東京を飛び出して、西の都、京都での開催となります。

ふふふふふーーーー
ただただ場所を移しての開催という
そんな凡庸なことはいたしません。

ちゃーーーーーんと、京都で開催する意味、意図があるのです。

近日中に募集を開始しますので
それまでしばらくお待ちください~。

その準備でぱたぱたぞわぞわドキドキですが
11月13日が今から楽しみでしかないです☆

■「月刊保江邦夫」
 https://mugenju.com/contents/?id=19058

■「まるごと保江邦夫」
 https://mugenju.com/contents/?id=34339

 

2021年9月8日

ムー民倶楽部(MIB)10月号

ミカムー部長とムー子副部長が繰り広げる
MU Tubeよりもさらにマニアックなムー的話を展開していく
MIBことムー民倶楽部。

10月号は、こんな感じのラインナップだったのですが
「あれ、先月と全く同じじゃん!」
とのミカムー部長からの一言。

いやいや、ラインナップの文言は
先月と同じかもしれませんが
内容はがっつり異なっていますのでご安心あれ。

毎号恒例のオープニングトークでは
あれ、ミカムー部長がゆるキャラに変身??!
という瞬間もありつつ

毎号恒例のミカムー部長による
「27」という数字のカバラ話から。

オープニングと書いてカバラと読むのです。
by ミカムー部長

ミカムー部長によるこじつけトークのあとに
引き合いに出されたのは
ユダヤ人のコモンセンス。

ユダヤ人のびっくり仰天のこじつけを知ってしまうと
ミカムー部長によるカバラこじつけ話が
超説得力のあるものに聞こえてきてしまうマジック。

そんな感じで、オープニングトークから
ぶっ飛ばしまくりだったMIB10月号ですが
10月号のミステリーサークルは「恐竜」について。

まずは、幽霊部員、ムー民の心得から。
心得、あなたはわかりますか??

幽霊部員、ムー民の皆さま、いつもこれを心に携えてください!

「権威に対しては逆らう」

さすが部長
口にすることがかっこいいわーーーー
と、しびれていたら、次に続いたお話は
大学生時代の苦い思い出話w。

そこから、なぜか世間から見放された人たちが集う
きのこネットワークについて。

話が、だ、脱線してはいないですか??

と、なっていたのですが
部長に限ってそんなことはなく
ちゃーーーんと脱線と見せつつも
繋がるのですよ。

イドラを突破するには、子供の目線が大切!
ということをお話していて
一度作られた定説を覆すことはかなり難しく
しかし、だからといって
そこに安住、そんなもんだよね
となってしまったら、人類の進化成長は止まるわけで
「あれ、なんで?」
と、子供の頃に感じていた疑問を抱き続けることが
イドラ(人間の先入的謬見、偏見、先入観、誤り)突破のカギ。

今回のムー民倶楽部では、ミカムー部長
恐竜の世界(古生物学)に挑戦状を叩きつけましたからね!

「ムー的にあえて挑戦する!」と。

「イドラに囚われていると、謎に気が付かない」と。

ミカムー部長のトークって
さりげなく何気なく
真理つくこと、忘れちゃいけないことが散りばめられていて
あの年になっても攻めの姿勢でい続けていて
そういう年上の方を目の当たりにすると
世界ってまだまだ捨てたもんじゃないっぽい
と思うわけですよ。

がつがつしていて、いつまでも子供の心忘れていなくて
それをいつまでも持ち続けていて
ミカムー部長から、ムー的知識を教えてもらうだけでなく
ムー的精神、ムー道、みたいなものも
皆さま、引き継いでいってくださいね~☆

古生物学に一石を投じた、今回のムー民倶楽部。

「今の大人に、学者に期待しないように!」

「小中学生のムー民、幽霊部員
 これからは君たちの時代だ!
 科学の虚構をひっくり返せ!!」

との、ミカムー部長からの熱いメッセージ。

幽霊部員のフィールドワークをご紹介するMI6のコーナーでは
7月号でお話した、物部変換についての感想が寄せられました。

いろんなことを、覚えただけじゃ意味がない!
応用してなんぼ。

幽霊部員の皆さま、ミカムー部長から教えてもらったことを
がりがり咀嚼吸収して
日々日々のフィールドワークで活用、応用
使いこなしちゃってくださいね~。

最後に、さらにのミカムー部長の格言を。

オカルトとは、理屈は理屈でも屁理屈である。
屁理屈と書いてオカルトと読むのである。

常識や論理的といったものからしたら
許されないことかもしれないが
オカルトは、言霊は、時空を超えるのである!

こじつけ、屁理屈も大切な要素。

これこそ、オカルト、神秘主義なのである。

■MIB(ムー民倶楽部)
 https://mugenju.com/contents/?id=15667

MI6のコーナーでは、皆様からの投稿をお待ちしています。
MIBを購読している方も、そうでない方も
投稿することができます!
■MI6への投稿はこちら↓↓↓
 https://www.facebook.com/groups/mu.intelligence.brothers

 

 

 

 

 

2021年9月7日

「月刊ASKA+」10月号収録

なんだかんだで「月刊ASKA+」の収録に同席したのは2か月ぶり!
ということで、とっても久しぶりに聞いた飛鳥節。
率直簡潔にいうと
「超すっきりしたーーーーー!」
です。

毎月飛鳥先生のお話を聞いていると
それが当たり前になってしまい
ふむふむ、くらいになっていたのですが
久しぶりに飛鳥先生のお話を聞くと、改めて
わたしは飛鳥先生にオカルトの世界を教えてもらっているな、と。

そもそも、この世界に入ったきっかけとなったときに
読んでいた本のひとつが、飛鳥先生の対談本でしたからねw。

今回の、飛鳥先生がお話してくださった内容は
・コロナ、ワクチン等
・アフガンについて
・総裁選について
大きくわけるとこの3つになります。

コロナ、ワクチンのことについての話って
その人の大事にしているもの、価値観、人生観が
思いっきり現れるなあ、と個人的には感じています。

「へー、この人はこういう行動をとるのか」と。

独り身の人、家族がいる人等々
置かれている状況に応じてとる行動は変わってくるし
何を情報ソースにしているかでも変わってくるし
わかっているけれどもやむなし
みたいな人もいるだろうしで
やむなしで行動をとる人は、その人にとって
本当に大切にしているものはそこなんだなあって
ほんと、コロナ、ワクチンによって
今まで目を向けなくてもすんでいたことについて
直視させられる状況に、否応なしにされている人、多そう。

何がいい悪いっていうことではなく
どんな決断、判断、行動をしているのかが興味深くて
結局、どれが正しくて間違っているなんてこともわからない
というか多分なくて
だからその人が何を選択しているかを見たいから
自分の考え等々はできるだけ開示せずに
人と接しているので
飛鳥先生のお話を聞いて、改めて
わたしは飛鳥っ子であるな、と(笑)。

テレビカルト
世の中が茶番
といった話題に、もう、そうそうって
何度なっったことか。

緊急事態宣言、蔓延防止って
「え、そんな意図があったの?!」
と、意外な盲点で、き、気が付かなかった、さすが飛鳥先生。
となってしまいましたよ。

緊急事態宣言の思惑、意図って、そこ?!
てね。

これね、この意図、一人でも多くの方に知ってほしい。
テレビカルト、テレビ洗脳の怖さに身震いものですよ。

飛鳥先生のお話を聞いていると、いつも思うことがありまして
飛鳥先生の脳内、いつだって超ポジティブで
肯定的に物事をとらえていて
この飛鳥先生マインド、タフネス具合、真似したい
となるくらいのものなのです。

今、みんなこんな状況になって
「大変だ、大変だーーーー」
てな感じになっているかもですが
中には大変な方ももちろんいらっしゃると思いますが
そんなに大変なこと、何か起きてます?

「大変だーーー」
と、テレビとかに煽られているだけってことありません?

飛鳥先生が「俺の周りは何もない」て口にしていましたが
冷静になって自分の置かれている状況見渡してみると
特に何にもなくないですか?

「大変だー」と煽られて
大変なことが起こっているように思わされているだけで。

これも洗脳、カルトのひとつ
うまいこと動かされている、誘導されちゃってるなあ
と思っちゃうわけですよ。

何にも起こっていないのに
何か起こっているように思わされて
そのマインド、イメージによって
そういった現実が創造される。
人類に集合意識のところまで使って。
とかね、スピリチュアル好きとしては
ついついそんなことを思っちゃったりw。

ビルゲイツ氏が今、手に入れたいもののお話にもなったのですが
「あ、それ、欲しいんだ」って。

もうね、これが茶番じゃなかったら
何が茶番なんだって話(笑)。

しかし、なんでしょう
「お前がそれ欲しいって望む?!」
ていうことを、何の臆面もなく
「欲しい」
と口にしちゃえる人
もっというと自分の欲望に正直な人が
欲しいもの手に入れられるんだろうなって。

これは、総裁選のお話を聞いていても感じたこと。

あなたがそれを望んじゃいますか
この厚顔無恥が!!!ってね。

ただ、この自分の欲望に正直になることって大切だなって。

だって、そういう人たち
ちゃーーーんと、自分の欲しいもの手にしてるんですもん。

もうね、政治家の方や、ビルさん見習って
欲しいものは欲しい
いやなものはいやって
意思表明した方がいいなって
というか、そうしないと
世界、ほんとやばくなっちゃうよなーーーって。

最後に、救世主について飛鳥先生に問いかけがあったのですが
誰かが今の状況をどうにかしてくれるマインドが
わたしたちにある限り
わたしたちはずっと
搾取、いいように使われる側で終わるんだと思います。

だって、それって自分は何もできません!
と言っていること、意思表明していることと同意義ですもん。

いきなりこの世界にヒーローが現れての
ヒーローものの映画、多いじゃないですか。
あれも結局洗脳か
なんてことも思いつつ
ひとりひとりのマインドセット
変えることができるよい機会ですね、今は。

これからさらに希望は一切ない世界になっていくようですが
そんなときでも、そんな状況になっても
飛鳥先生は飄々と生きていかれるんだろうなあ
そんな飛鳥先生のスタンス、姿勢、見習っていきます!

もう、すかっとしました。
今回の「月刊ASKA+」の収録。
10月号の収録を終えたばかりですが
来月の収録が今から楽しみです~☆

■「月刊ASKA+」
 https://mugenju.com/contents/?id=1193

■まるごとASKA
 https://mugenju.com/contents/?id=19620

 

 

 

 

2021年9月4日

MU Tube 10月号

今週に入って、雨続き。
いろんなことと相まって
皆さま、鬱々した感じになっていませんか?
わたしは鬱々した感じになっております!!!
いや、鬱々した感じしかありません!!!

みたいな状況だったのですが
そんな鬱々とした気分を払拭してくれたMU Tubeでした☆

まずは、お二人によるオープニングトーク。
ちょうど収録した日に
「菅首相自民総裁選に立候補せず
 総裁任期満了に伴い首相退任」のニュースが。
ということで、編集長が永田町ジンクスネタを披露。

編集長による予言発言
これはちょっと面白いですよーーーー。
編集長曰く、この永田町ジンクス
「これほどちゃんとしたものはない」
と口にするほどのものなのです。

お二人によるオープニング、これだけでは終わらず(笑)
編集長が、「神様ありがとーーーーー」
と思わず、周囲のことなど一切気にせず関係なく
大声で叫んでしまった
今年の夏の思い出メモリーをお話してくれました。

今回のオープニングトーク
多分、前編後編になる可能性大です。
そのくらい、盛り上がっちゃいました!

編集長のmi-coさんによるよもやま話
なかなか聞けない、お二人のプライベートトークなので
楽しみにしていてください~。

10月号の「月刊ムー」もいつものように
読みごたえたっぷり、見どころたくさん。
の中で、個人的に一番興味をもってしまったのは「ダウジング」。

ダウジングの世界って奥が深そう。

だって、今は禁止されているようですが
日本の○○って…
ていうことなどをちらっとお話してくれたのですが
そのちらっとした内容だけでも
「むむむ、これは侮れん!!!」
と、なっちゃうくらいのもの。

まずは、木の枝でダウジングしてみようかなあ。
というか、堤氏のお話聞きたい…。

その他にも、魔術師たちが作った国のことについてや
ムーをブラックホールに放り込むとどうなるのか?
といったことなど
一度聞いただけでは、理解できないことなど
もりもりの内容でした。

この写真からもわかるように
もうね、今回、mi-coさんが何度大爆笑したことか。

ムー的知識欲が満たされることはもちろんですが
おもしろさも半端なしでした。

とある私物を編集長もってきてくれまして
そちらもご披露。

これもムーの記事と関係あるのです!

質問コーナーでは、編集長的
日本経済起死回生法をお話してくれました。

名付けて「MMT(ムームーティー)」。

編集長のお話聞いていたら
おお、なるほど、その手があったのか
やっぱりそれしかないのか
となりつつ
いっそのこと、編集長、選挙出たら?
むしろ出てほしーとなりました。

だって、高野誠鮮さんとかが起ち上げた「UFO党」が
我らにはあるじゃないですか。

今こそ、この「UFO党」復活のときでは!!!

なんて話にもなりつつ
笑い話ではなく、本当に今そのときなのでは
なんてこともちらりと頭をよぎりつつ。

最後の締めは、コージコーナーにて
今月のMU Tubeの収録も無事終了。

天候も社会情勢も鬱々することしかないような今ですが
編集長とmi-coさんの底抜けの明るさと
ムー的なものに触れまくって
元気補充充電「MU Tube」を見てしてくださいね☆

 

 

 

2021年8月11日

☆*゚♪゚*☆オカルト女子会 第六十九夜☆*゚♪゚*☆

夏真っ盛りで、超暑暑日だったというのに
なぜか揃いも揃って、涼しさとは真逆な黒色コーデだった
オカルト女子会六十九夜(笑)。

オカルト女子会冒頭でお話しましたが
佐伯さんのイベントなどでいつもお世話になっている
埼玉福興さんが栽培している玉ねぎと
ミートボールで有名なイシイさんがコラボして
ハンバーグを作りました。

すごいなあ、埼玉福興さん!

このハンバーグベルクというスーパーで販売中。
北関東ではメジャーなスーパーなので
もしお近くにベルクがある方は
ぜひぜひチェックしてみてください☆

政清さん、mi-coさん大絶賛していたこのハンバーグ。
オカルト女子会始まる前から
あたためたハンバーグのにおいが部屋中に充満していて
「今、わたしわんこの気分なの」
と、いきなり政清さんが口にし始めて
「え、なにを言い出しているのだろうか、政清さんは…」
と、一瞬ぽかんとなってしまったのですが
「お肉大好きだから、早く食べたくて仕方がないの。
 なのに食べられなくて、今、おあずけさせられている気分」
なんですって。
なんだ、このかわいい発言!!!

ちょっとかなり胸きゅんしちゃいました。
もう、始まる前から食べちゃっていいよ
食べちゃってくださいって
思わず口にしたくなっちゃいましたよ。

mi-coさんが、ぶどうとパウンドケーキを持ってきてくれて
オカルト女子会始まる前から
すでに女子会が始まっちゃっていて
開始五分前くらいになって
ようやく、準備開始するというまったり具合。

政清さんが奈良に行った時のお話や
ハンダ王子のオカルトネタ引き寄せ感半端ない話
あとは何を話していたのだっけ…
まあ、いろんな話を次から次へとしていたので
涼しいお部屋で、よかったら見てみてください~↓↓↓
■オカルト女子会
 https://www.youtube.com/watch?v=0k_7W_X319k

オカルト女子会終了後
ハンバーグをもぐもぐ食べながら
引き続きのトークが展開されていたのだけれども

政清さんの悩ましい悩みに大爆笑。
笑っちゃだめだと思いつつも。
なんかほんとなんでしょう。
政清さんてかわいらしい方!

そしてmi-coさんの爆笑具合がまた最高にいい!

美味しいもの食べて、好きな話をして
笑いに笑うのは最高に楽しいですね☆

次回は、羽咋イベント終了後のオカルト女子会となります。
いろんなお土産話盛沢山に多分なると思うので
次回も楽しみにしていていください~☆

■オカルト女子会七十夜
  https://www.facebook.com/events/909448366325639/?ref=newsfeed
 2021年9月14日(火)20時から

2021年8月8日

MU Tube9月号

「月刊ムー」始まって以来らしい
「月刊ムー」の発売日が早まったという
2021年9月号の「月刊ムー」。

前代未聞のことが起こってしまった理由って
オリンピックだけのことなのだろうか…
と思わずにいられないです。

ということで、無集客収録でしたが
8月6日、「月刊ムー」発売日に収録をしたMU Tube。

出来上がりほやほやの「月刊ムー」とともに。

 

真実を語る紙媒体コラボTシャツを着用しているmi-coさん。

ちなみに、編集長は今までいろんなコラボ商品ありましたが
初めて、着用するのをためらってしまったという。
編集長にそんな気持ちにさせてしまうなんて
さすがだわ。
ある意味、一線を画している素晴らしいTシャツwww。

オリンピックの話題からかるーく始まって
今月の「月刊ムー」の内容に触れていったのですが
UFO、UAPのことについての記事では
「ファンタジーやフィクションではない、現実問題」
というお言葉が、編集長の口から!

UFO、UAPの存在をアメリカが認めたということが意味することは
ペンタゴンが腹をくくった?!
エイリアンと全面戦争の決意表明??!

ほんと、SF、ファンタジー、フィクションで楽しんでいた世界が
リアルになっちゃうのか
えーーーー、なってほしくないなあ
と、思いつつも
実際にどうなっちゃうのか気になりつつ
という切なく揺れる心持ちになってしまいます。

あとは、ペルーでは常識だけれども
なぜか日本に入ってくると都市伝説になっちゃうことが。

なんで日本て、幻想にもっていっちゃうのだろう
他の国では常識として伝えられていることが

むしろ日本人としてとても誇らしい、うれしいことであろうに

という記事もありました!

今回最後に取り上げた記事は、編集長大絶賛の記事。
もう、これから大ブレイク間違いなし!
と豪語してましたね。

ぜひ、火が付く前に、ムーを読んで、MU Tubeを見て
ブレイクしちゃう前に、体験しちゃってください~☆

そんなこんなの今回のMU Tubeだったのですが
体調が絶不調で、いつも前のめりで聞くはずの内容が
ちっとも心に響いてこない。

健全な肉体に健全な精神は宿る
ではないですが
健全な肉体が保持されてこそ
ムー的なことを思う存分楽しめるだ!
ということを痛感しました。

健康ってほんと大切ですね…

皆様、ムー的なこと思う存分楽しむために
ぜひ健康第一で(笑) 

そうそう、この記事
以前、夢源樹でお二人の対談イベントを開催したときに
ムーのライターの方も来ていて
そのときのお話などもかなりふんだんに盛り込まれていました!

お二人の対談動画は、こちらで見ることができます↓↓↓
■開星塾 -ADVANCE- 特別対談vol.1 高野誠鮮×池田整治 ダイジェスト
 https://www.youtube.com/watch?v=gbcwEx9nPi4

※本編フルバージョンは、開星塾 -ADVANCE- にてご覧いただけます。
■開星塾 -ADVANCE-
 https://mugenju.com/content/?id=24351

 

 

 

2021年8月3日

ムー民倶楽部 MIB Act.26 収録

本日も晴天なり(^○^)

ムー民倶楽部収録の部室は温度も内容もホットホット!
ACT26を迎え、いつしか定番となった部長の数字のお題。
自ら首をしめてるのでは!?と言いつつも部長!めっちゃ面白いっす!ww

へーへーへーの連続でした♪
いいなぁ~26日生まれの人は\(😊)/
8の意味とは!?おっとここまでだ!w

なんと有難い事にMIBを愛する幽霊部員の方から素敵なプレゼント頂いちゃいましたよ☆(≧∀≦)


駅の看板風MIBすごない!?感動♥️
どうもありがとうございます!
部長もお気に入りのご様子(^ω^)
D-CAN SHOPって所でオーダー出来るのかな?私もゲットしてお部屋に飾りたい~
だって電気も点くのよ♪凝ってる!

さぁムー民電車に飛び乗ってGO!GO!
本日のメインテーマは『BBL』についてだったのですが、
フリーメイソンはそこまで○○が好きだったとはね!!

え?BBLってなんの略かって??
私もさーっぱり解らず、部長にベーコンベーコンレタスバーガーですかー?
とか聞いちゃって呆れられてたのですが正解は『バベル』なんですって~

有名なバベルの塔が今よみがえる意味とは???

そしてそして、幽霊部員みんなの憩いの広場MI6(エムーアイシックス)ではまたまた夏と言えばの怪談ネタがやってきたのですよ~
怪談と言えばもちろん怪談蒐集家 西浦和也さん。。。
なんと!先月の怖い話の収録でまたまた幽霊の声が入り込んじゃってるんですよー!!!!
きゃーーーー聞きたくないー!!!
けど聞きました。。。(´゚ω゚`)
いやいや、怖すぎるわ!!!!!

ヒヤッと収録を終えて何事も無く帰宅。
塩で清めながら日記を書いております(笑)
無事に皆様の元へ届きますようにwwww

今回もネタ盛りだくさんのムー民倶楽部MIBとなっております。
ぜひ本編をご覧くださいね(^○^)

HumanCube mi-co

トップに戻る