好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

The Tree of Dream Source 夢源樹

content

イベント

DVD

動画

北芝健のエスピオナージ学_logo
ご購入はこちら

動画1: 北芝健のエスピオナージ学⑨ MI6(英国情報局秘密情報部) 冒頭3分編

動画2: 北芝健のエスピオナージ学⑨ MI6(英国情報局秘密情報部) 全編

2本の動画があります。下の画像をクリックすると動画が切り替わります。

  • 動画

    動画1

  • 動画

    動画2

再生方法の詳しい解説は≫こちら≪

03201426_550c2e0515a43

古くからイギリスはMI6等諜報機関の存在を否定していたが
007の原作者であるイアン・フレミングが元MI6の諜報員であることを公表し
現役時代の経験を生かした物語としてジェームズ・ボンドを産み落とした。

2010年9月21日にはクイーンズ大学(アイルランド・ベルファスト)教授で
歴史学者のキース・ジェフリーが初めてMI6の歴史をまとめた
「The Secret History of MI6」が公式に発売され
かつて作家のサマセット・モームやグレアム・グリーン
アーサー・ランサムなどが所属していたことなどが公式に明らかにされた。

なにかときな臭いイギリス。

■英国情報局秘密情報部とは?
 正式名称:Secret Intelligence Service
 略称  :SIS

イギリスの情報機関であり、外務省管轄の情報機関。
海外での情報活動を専門に行う。
前身は軍事情報部第六課である。

冷戦終焉の状況下で開かれた政府を目指すイギリスのメージャー首相が
1993年5月にMI6の実在を初めて公式に認めた。

国家の情報機関であるため詳細は不明な点が多いが
本部の下に「地域課」と「連絡課」が存在し
地域課で現地情報に通じた人材を育成保有して
情報収集等を行い、連絡課が本部との連絡役となる。

第一次世界大戦勃発後
陸軍省の陸軍情報総局の元で
全情報を一元的に管理することになり
各組織との連絡名称としてMilitary Intelligenceの種類に
応じた番号が割り振られた。

第一次世界大戦中のSISはMI(c)と名称されていたが
1930年代後半にMI6の名称が割り当てられた。

他の組織には
MI1
(暗号、暗号解読、後に他の部署と統合され政府暗号学校。現在の政府通信本部)
MI2
(中東、極東、スカンジナビア、アメリカ、ソ連、中央アメリカ、南アメリカ)
MI3
(東欧、バルト海沿岸諸国)
MI4
(地図作成)
MI5
(防諜)
などがある。

第二次世界大戦中にMI5との連携が強化される過程で
MI6の名称は広く用いられるようになった。

SISではすでにMI6の名称を公式には利用していない。

組織としては外務および英連邦省の管轄だが
外務大臣だけでなく首相と内閣府内の合同情報委員会(JIC)へも報告が行われ
これらの指揮を受ける関係にある。

このMI6の中身・実態について、今回はレクチャーをしていく。

【エスピオナージ学とは?】
 古今から東西に伝わる情報収集技術の名称です。
 この「エスピオナージ学(別称スパイ学)」を通し
 ・日常生活の安全と交友関係の健全さ
 ・取引先の無害さを担保したより良い人生に導いていく方法を学んでいきます。

【講師】
日本安全保障 危機管理学会 顧問 
北芝 健 塾長(元警視庁刑事・犯罪アナリスト)

【日時・スケジュール】
・2016年2月28日(日)
・12:45 受付開始
・13:00 講義スタート
・14:30 講義終了

【開催場所】
■アットビジネスセンター東京駅八重洲通り 貸会議室  602号室
■住所:東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル 6階
■HP:http://abc-kaigishitsu.com/tokyo_yaesudori/access_all.html

【受講形態について 】
4種類の受講形態をご用意しております(為念乍、受講日以降に①「直接受講」はお選びいただくことができません)
①「直接受講」@19,800円
・直接受講+WEB受講+DVD
②「WEB受講」@4,980円
・サテライト(WEB)受講のみ
③「DVD」@4,980円
・DVDのみ
④「WEB受講+DVD」@5,980円
・WEB受講+DVD

【「直接受講」と「WEB受講」について】
・北芝健塾長の「受講者一人ひとりに確りと丁寧に教えたい!」というご意向を踏まえ、「直接受講」は少人数制(限定15名)レクチャーとさせていただきます。
・お住まいの地域や、時間帯等の理由で、直接受講できない方のために、インターネットで受講いただける「WEB受講」をご用意しました。
・「WEB受講」には、受講人数制限はございません。またE-learningシステムを活用して、諸々制約はありながらも「質疑応答」を可能にしました(詳細は後述します)。

【募集人数】
・「直接受講」は、15名様限定(先着順)とさせていただきます(申し込み多数の場合、少しだけなら増やせるかもしれません。北芝塾長に確認させていただきます)。
・「WEB受講」は無制限です
・最少催行人員は10名です。参加希望者が10名に満たない場合、中止となる可能性がございます。この場合、事前にお振込みいただいた参加料金は全額返金させていただきます。

【「直接受講」ってなんですか? 】
・(原則として)毎月最終土曜日の午後に開講いたします
・受講時間:90分(講義+質疑応答)
・受講料金:@19,800円(消費税込)
・受講料金に含まれるもの:直接受講(@19,800円)+WEB受講(@4,980円)+DVD(@4,980円)=29,760円のところ、全て込みで@19,800円(消費税込)
・受講後に開催予定の北芝塾長を囲む懇親会へのご参加は任意です(別途、@5,000円の参加費をご負担いただきます。)。
・カリキュラムは全12項目(別記)

【「WEB受講」ってなんですか? 】
・お住まいの地域や時間帯等の理由で直接受講できない方のために、インターネットで受講できる「WEB受講」をご用意しました。
・「WEB受講」には、受講人数制限はございません。また、E-learningシステムを活用して、諸々制約はありながらも「質疑応答」を可能にしました(詳細は後述します)。
・できるだけリーズナブルな受講を希望される方のために、「質疑応答」のない「DVD」もご用意させていただきました。
・(原則として)直接受講日(毎月最終土曜日)の4日後(翌週水曜日)までに専用WEB上にアップ予定。
・受講時間:90分(講義+質疑応答)・・・基本的に編集はいたしません。
・受講料金:@4,980円(消費税込)

【 「WEB受講+DVD」ってなんですか? 】
・「WEB受講+DVD」は、「WEB受講」にDVD(直接受講の約1ヵ月後に完成予定)を組み合わせたものです。
・たったの+1,000円(各回)でWEB受講も、DVDも、どちらもお楽しみいただける、非常にリーズナブルな価格設定となっております!

【 WEB受講・DVDのスケジュールを教えてください!】
1.X:「直接受講」開催日
・講義の様子を収録します。
2.X+3〜4日後:「WEB受講」映像配信スタート
・「直接受講」の無編集映像を配信する予定です。
・「エスピオナージ学」事務局にて「WEB受講」受講者からの質問をEmailで受付開始(質問受付期間は約1週間です)。
3.X+約2週間後:質問受付終了&質疑応答の映像収録
・「WEB受講」受講者からの質問を事務局にて取りまとめて北芝塾長にお届けします。
4.X+約2~3週間後:北芝塾長から質問への回答を拝受。
・お寄せいただいた質問について北芝塾長にご回答いただき、かかるQ&Aの様子を映像収録します。
・全ての質問に回答いただく訳ではございません。事務局にて選別させていただきますので何卒ご容赦ください。
5.X+約3週間後:Q&A映像のWEB受講者向け配信
・「WEB受講」受講者向けに質疑応答映像(無編集)を公開いたします。
・無編集映像+質疑応答テキストは、専用URLにて「WEB受講」に限定公開いたします(一定期間)。
6.:X+約1ヵ月後:DVD完成
・直接受講の方には、次回の受講日に手渡しいたします(北芝塾長に直筆サインをおねだりしてください(笑))

【プログラム】
2015年6月 ①諜報(情報)とは ~裏工作の礎(ビジネス、営業、恋愛への応用)~
2015年7月 ②防諜(防衛)とは ~いかにして自分を、大切な人を守るか?~
2015年8月 ③諜略(工作)とは ~情報を活かして、より良い状態・安全を作り出す~
2015年9月 ④ツール(スパイツール) ~情報収集・防衛・工作のハードウェア~
2015年10月 ⑤ヒューミント ~人間の五感を駆使した情報収集技法~
2015年11月 ⑥シギント ~機械を使った情報収集(盗聴、衛星等)~
2015年12月 ⑦CIA ~CIAの知られざる内容(歴史・規模)~
2016年1月 ⑧旧KGB ~FSB・SVRへの展開~
2016年2月 ⑨MI6 ~リアル007(ジェームスボンド)とは~
2016年3月 ⑩モサド ~イスラエルの諜報機関の秘密~
2016年4月 ⑪陸軍中野学校 ~日本のスパイ養成、成り立ちから現在~
2015年5月 ⑫未来型のインテリジェンス ~アナログへの回帰~

▶ ページトップへ