好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

_logo

まるごとASKA

毎月3,980円/月の定額料金で、サイエンス・エンターテイナー飛鳥昭雄の主要バックナンバー動画(夢源樹の真・飛鳥塾、超・飛鳥塾だけじゃなく、なんと飛鳥堂のASKAハイパー・プレミアム3まで)を、ぜ~んぶひっくるめて、いつでも、どこでも、好きなだけご視聴いただけます!

まるごとASKA 加入

3,980円/月
毎月20日クレジットカード決済
購入済の方は、ログインすると視聴できます


まるごとASKA 購入

優待サービスを利用するには  「まるごとASKA」 の ご購入  と ログイン  が必要です

現在ログインしていません

ログインはこちら

飛鳥昭雄

独自の情報網を全世界に張り巡らせ、アカデミズムが黙殺する最先端情報を暴露し、公開することを使命とする稀代のサイエンス・エンターテイナー

秘密組織「八咫烏」とのパイプを持つこの男の正体とは?
某大国の情報機関のエージェント?
日本の味方?それとも敵?
こんな風に惑わされること自体、我々がもう既に彼の術中には嵌まっている証左であろう。
そんな秘密のベールに包まれたサイエンス・エンターテイナーは、彼の周りに集う者たちの知的好奇心を、憎らしいまでに擽るのである。
このホスピタリティ満点の謎だらけの人物、それが飛鳥昭雄である。

プロフィール

日本のライター、小説家、漫画家、超常現象研究家。

1950年大阪府藤井寺市生まれ。大阪府立河南高等学校卒業。
文具会社でのキャラクターデザイナー、アニメ制作会社でのアニメーターを経て1982年に「おれはMr.フリスビー」が藤子不二雄賞佳作となり漫画家デビュー。

漫画家であり、サイエンス・エンターテイナーとしても、出版、TV、ラジオ、ネット、ソーシャルネットワークで活躍するほか、TVゲームやオンラインゲーム、小説(別名)にも携わっている。

2001年からは千秋寺亰介の筆名で伝奇小説シリーズ『怨霊記』を発表。

2006年にシリーズ10冊目にあたる『怨霊記 魔洞界 四 京都炎上篇』のカバー裏で著者が飛鳥昭雄と同一人物であることが明らかにされる。

「緊急検証! 」シリーズ(CSファミリー劇場/不定期放送)にレギュラー出演しており、番組では山口敏太郎、中沢健と共にオカルト三銃士と呼ばれている。

言わずと知れた「月刊ムー」のメイン執筆者の一人。
月刊ムーの別冊付録漫画といえば、知らないものはムー・スーパーミステリー・ブックスにてシリーズ化している謎学研究家 三神たける氏との共著NPA(ネオ・パラダイムASKA)は、「失われた暗黒星神「スサノオ」の謎(2020/1)」で実に54弾を数えている。

代表的な著作

秘密率99% コロナと猛毒ワクチン

出版社 : ヒカルランド

発売日:2021/7/1

医療従事者から殺して行きます⁉︎
ワープスピードワクチン=あっという間に殺す⁉︎
遺伝子破壊兵器、発動! 陰謀システムは、ますます元気に稼働中!
世界は壊れ、ワクチンで死者が積み上げられる。
まだ誰も知らないこの狂気を仕掛けた正体とその最終目標を明かす!

・日本人よ、肚を括れ! 覚悟して生き抜け! このままでは、日本人300万人が死んだあの戦争以上の大惨事となるだろう!
・CDCの通達暴露! 「PCRで陽性となったものはコロナ死とすれば140万円、人工呼吸器をつけたら400万円を病院に支払う」
・厚労省からの通知書「PCRで陽性が出た者の死はすべてコロナによる死亡とするように命じる」
・2030年のAI世界では人類は要らない、医者と軍隊も要らない!
・これは地球人口を5億にするための秘密のオペレーション
・日本人の3分の1がワクチンを打って死んでいく⁉︎
・3Gでミツバチ、4Gで鳥、5Gで牛が死に始めた⁉ コロナワクチンを打っていくときに5Gスイッチでカラダ(粘膜)が溶け始める⁉
・ロックフェラー、ロスチャイルド、イルミナティらがつくる世界(リッチスタンの王国)と生き残った日本人3分の1と天皇がつくるヤマトの国に世界は二分裂する
・陰陽師・安倍晴明と花山天皇は今起こってることの全てを見通して仕組んでいたこと
・ビル・ゲイツを作りあげたのは日本⁈
・コンピュータシステム生物学で作ったアメリカ製バイオ兵器⁉
・中身は川崎病、エイズなどの人工物と証言したリュック・モンタニエはいまだに行方不明
・アメリカでも日本でも高齢者の死亡者数は増えていない⁈
・オリンピックをやるための緊急事態宣言だった⁉︎ IOCは開催しないと放映権料が入らなくて潰れる!
・小泉進次郎総理、小池百合子官房長官の最悪のシナリオ
・日本の政治家はなぜ馬鹿なのか? 別の民族に支配されているから!
・PCR発明者の悲痛なラストメッセージ
・日本のマスコミ、自民党はもはや犯罪者!
・子どもにマスクは脳に障害を起こすーー同調圧力、忖度で動かす日本
・ファイザーCEO「毎年変異しますから毎年打ってください」と言いつつ自社株を売り飛ばしている⁉︎
・ビル・ゲイツ(WHOの真の支配者)製の遺伝子組み換えワクチンは、飲むワクチンとなっていき、これを子供に投与する(目、鼻、舌が溶ける⁈)「私の目標はパンデミックアラートシステムを世界規模でつくること」
・日本は世界の中心(神の王国)に戻る! これが真のハルマゲドン!
amazonより引用

失われたモーセの大預言「蘇民将来」の謎

出版社 : ワン・パブリッシング

発売日:2021/7/1

新型コロナ感染拡大によって世界中がパンデミックになった2020年、日本では妖怪が注目されていた。その名はアマビエ。江戸時代に熊本で出現したというアマビエは疫病退散の力をもっているという。アマビエの正体は何か。その背後を探っていくと、蘇民将来というもうひとつの疫病退散伝承にたどり着く。伝承の主人公である牛頭天王はスサノオ命こそ、実はユダヤと日本と結びつける重要な存在だった。
amazonより引用

打つな!飲むな!死ぬゾ!!

出版社 : ヒカルランド

発売日:2021/3/17

新型コロナワクチンとビル・ゲイツの罠
新型コロナウイルスは撒き餌だった!
真のバイオ兵器は「遺伝子組み換えワクチン&治療薬」だ!!
ビル・ゲイツの罠は、全人類を「端末」に見立て、ウイルスに感染させた後、変異の度に高額なワクチンを何度も接種させ続けること!
そして遺伝子組み換えワクチン接種を繰り返した結果起きる「免疫崩壊」で、ヒトの肉が溶け落ちる溶解死こそが真の狙いだ!!

ビル・ゲイツ、ロックフェラー、ロスチャイルド、イルミナティの
恐るべきリレー、悪業のチームワークを暴く!
日本人は遺伝子入れ替えの「大豆」を嫌うが、直接体内に注入する遺伝子入れ替えワクチンなら受け入れるのか?
さらに言えば、通常のワクチン開発は安全性を最重点に4年の歳月がかかるが、今回のワクチンは〝緊急性〟を優先して半年少しで完成して人体に入れる。
これを開発最優先の安全無視の「ワープ・スピード・ワクチン」といい、従来のウイルス毒を薄めたワクチンでも「生ワクチン」でもない、遺伝子組み換えウイルス「COVID19」と同じ技術で創るワクチンなので、短時間で開発できたのである!
「BOOK」データベースより

地球年代記Ω(Omega)

出版社 : ASKADO

発売日: 2021/1/1

リメイク版。「地球年代記α(Alpha)」の後編です。
amazonより引用

失われた悪魔の闇預言者「ヒトラー」の謎

出版社 : ワンパブリッシング

発売日:2020/7/30

1945年4月29日、ナチス・ドイツの総統アドルフ・ヒトラーは、ベルリンの地下壕で妻エヴァ・ブラウンとともに自殺したとされる。だが、残された頭蓋骨の主が女性だったという最新の医学調査結果を受け、今、にわかに逃亡説が現実味を帯びてきた。一説に、ヒトラーはUボートで海を渡って南米に逃げのび、さらには南極の極秘基地でUFOを開発していたとも噂される。だが、真相は驚くべきものだった!!なんとヒトラーはアメリカ国防総省ペンタゴンの地下で今も生きていたのだ!!

トップに戻る