好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

久保有政 (くぼありまさ)

聖書≠キリスト教。鋭い視点で聖書から世界のすべてを読み解く個性派聖書研究家

正直に言えば。
知れば知るほど、これほど紹介するのが難しい先生はいない。
けれどこれほど「オトナの知的好奇心」にあふれた先生もいないのではないかと思う。

語学・数学・科学・歴史・経済学・宗教学はては文化・芸術の分野まで、
あまりにも研究と興味・交際の範囲が広い、広すぎる!

「久保先生が夢枕に立って…」とセミナーに来られたお客様がいたけれど、
あながち冗談ではなく、知れば知るほどに「久保有政」という存在自体が、
聖書に導かれたオカルト(神秘・超自然的なもの)のようにも感じることがある。

聖書研究へのルーツについてご本人談によれば、
高校生のときに聖書に出会って「これだ!この道でいく」と思ったのだそう。 
これ、もう、啓示じゃないか。

そこから何十年、ブレずに聖書と向き合ってきてみたら、
あれよあれよという間に研究範囲も交際範囲も拡がって、
宗教も宗派も国境も分野もかるーく乗り越えて。
先日は某国のテレビ局に呼ばれて「日本とユダヤ」について語ってきたという氏。

執筆や講演について「海外からもオファーされるようになったきっかけは?」と伺ったところ、
「ウィキペディアで日本の自虐史について書かれていることが正しくない!と反論したら、
国内じゃなくて海外から反応があって」と静かに笑っていて。
ウィキに本気で反論したんだ…想像を超えるオタクっぷり…いや、信念!
そしてそれが、世界に活躍の場を広げるきっかけになったとは…まさに天の采配。

「オカルト」が霊妙で深遠な必然が引き起こすすべてとするならば。
この世に存在するすべてが「オカルト」で。

世界で一番有名で、すべての国に類似する物語をもつ、 この世を紐解く暗号読本、
それが「聖書」だとするならば。

その「聖書」に導かれ情熱と信念を傾けてきた男が語る「聖書」の話を聞かない手はない。

あなたにしかわからない「聖書からの啓示」をさぐること、
まさに「オトナの知的好奇心追求」ではないだろうか。

代表的な著作

新・聖書的セカンドチャンス論

出版社 : NextPublishing Authors Press

発売日:2018/8/18

キリストを知らずに死んで陰府(よみ)に下った魂に、福音を聞き回心する機会(セカンドチャンス)はあるのか?(ファーストチャンスはこの地上の生)  セカンドチャンスを認める立場から8つの聖書的根拠を解説する。「それを認めると伝道上、不都合だ」の疑問にも明快に答える。 肯定派も否定派も、この本を読まずには死後の世界の真実を語れない。
amazonより引用

日本固有文明の謎はユダヤで解ける

出版社 : ヒカルランド

発売日: 2018/6/25

国会図書館に埋もれていた貴重絵図300点余による封印の歴史探求!来訪ユダヤ人が描かせていた「最古の王朝日本」へのイラストレーションガイド!
「BOOK」データベースより

[新装版]十六菊花紋の超ひみつ

出版社 : ヒカルランド

発売日: 2018/5/23

明治天皇の孫中丸薫と失われた十支族調査機関アミシャーブとの対話etc.
日本人とユダヤの秘密をつなぐ決定版!

明治天皇の孫が衝撃の告白!ユダヤと皇室と神道に関する知見をあらたなレベルに引き上げた本

◎ 本書では、まずイスラエルの失われた十支族調査機関アミシャーブのラビたち3人との対話が展開されます。 アミシャーブとは離散して行方不明になったいわゆるイスラエルの失われた十支族を探し出して、 ユダヤ教に改宗させ、イスラエルへと帰還させることを目的とした機関です。彼らは何度も日本に足を運び、 日本人こそ失われた十支族の末裔と確信しています。 ラビ・アビハイルを中心とする彼らと中丸薫の対話は、日本人とユダヤ人のひみつの関係を浮き彫りにします。

◎ また、皇族牧師として活躍する小林隆利氏は、中丸薫と同じく明治天皇の孫に当たります。 その明治天皇の孫同士の対話では、明治天皇が直接、 小林牧師のお母様である仁(しのぶ:明治天皇の娘にあたる)さまに伝えた言葉が公表されます。 それは日本人の常識を覆すような話です。「皇室はユダヤ教の流れを汲んでいる」というのです。

◎ そのほか現在海外のネット情報で、日本とユダヤの関係を明らかにしている最先端の情報を一挙に掲載します。

「神道と皇室にユダヤ教の流れが入ってることが明らかになりました。固定観念を捨て去る時が、とうとう来たようです!」(中丸薫)

皇族牧師小林隆利と中丸薫の明治天皇の孫同士が語った皇室とユダヤの超ひみつも公開!
amazonより引用

知られざるユダヤ式開運術

出版社 : 学研プラス

発売日:2018/3/27

なぜ歴史的に、ユダヤ人に成功者が多いのか。そこには日本人だけが知らない秘密があった。聖書に隠された「人生の成功法則」とは何か。ユダヤ人の兄弟である失われたイスラエル10支族の末裔である日本人だからこそできる秘密のカバラ成功哲学を公開する。
amazonより引用

古代ユダヤで読み解く天皇家と嘘部の民の謎

出版社 : 文芸社

発売日:2017/8/11

タレント活動のかたわら、ユダヤ研究に取り組んできたなべおさみ氏が、自らの出自や独自の調査で解明した「嘘部の民」の謎などを古代イスラエル人渡来説の研究家・久保有政氏に語る!

◎イスラエルの調査団体が「神道は失われた10支族がもたらした」と明言した!
◎天皇家は北イスラエル王国の王家・エフライム族の末裔か
◎中央アジア・キルギスには「山幸彦・海幸彦」に似た話が伝わっている!
◎日本に渡来したイスラエル人たちが神道を形成した
◎秦氏が古代キリスト教徒であることを示す証拠
◎諏訪の神「ミサクチ」は「イサクに由来する」の意味だった!
◎日本のいたるところに隠された十字架
◎ユダヤの民は中国の呉から日本の呉へと運ばれた
◎「石」の技術を持つユダヤ人が中国で「石」姓の皇帝となった
◎天皇家を裏から守るための部族
◎秦氏の番頭が服部、秦氏の隠れ軍団が嘘部の民
◎比叡山の石積みをした穴太衆はイスラエルの末裔か
◎オランダ人作家が書いた伊勢神宮の八咫鏡を題材にしたミステリー
◎ユダヤ人国家の建設を祈った「日本ホーリネス教会」の中田重治
◎白洲次郎に教えられた大切なこと
◎BC721年に北イスラエル王国が滅亡し、BC660年に神武天皇が即位した
◎秦氏の故郷・弓月に「ヤマトゥ」という地名がある
◎なべ氏の先祖・渡辺族は天皇家を守る「草」
◎ヘブライ語の「クシュ」が「ヤクザ」「役者」の語源となった
◎琵琶湖はガリラヤ湖(琵琶湖)から名づけられた?
◎忌部氏の末裔・信長は伊勢神宮の式年遷宮を復活させた
◎差別される民が天皇と国を支える底力となった
◎空海や最澄は聖書を持ち帰ったのではないか
◎世界に貢献する日本を天皇家や秦氏が作り上げた
◎第3次世界大戦は近いのか? トランプ大統領誕生後のユダヤ問題を考える
amazonより引用

トップに戻る