好奇心追求サイト ~あなたも常識の向こう側を覗いてみませんか?~

_logo

開星塾 -ADVANCE-

UFOが第二の黒船になる!
開国ならぬ開星に向けて、今、日本から始まる宇宙維新!
我々人類に残された時間は、残りあと僅か!?このまま黙って見過ごすのか?

開星塾 -ADVANCE- 入塾

3,980円/月(税込)
クレジットカード決済
購入済の方は、ログインすると視聴できます


ご入塾はこちら

優待サービスを利用するには  「開星塾 -ADVANCE-」 の ご購入  と ログイン  が必要です

現在ログインしていません

ログインはこちら

高野誠鮮

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救った元スーパー公務員 空飛ぶ円盤で日本を変えた男

国の予算で日本で唯一の本格的なUFO宇宙博物館を造り、自然栽培による米をローマ法王に食べさせ、ついには過疎に苦しむ限界集落を復活させた元スーパー公務員、高野誠鮮氏。

彼は、日本再生に向けて、まったく新しい宇宙的、かつ実践哲学の視点から未来ヴィジョンを提言する。

高齢過疎化で「限界集落」に陥った農村を含む神子原(みこはら)地区の再生プロジェクトに取り組み、それが大成功を収めるまでの紆余曲折とアイデア満載、感動的実行力のプロセスを著書「ローマ法王に米を食べさせた男」に克明に記されている。

数々のユニークなアイデアを次々と繰り出し、そのアイデアを驚くべき行動力で実行していく。非常識と一般では思われてしまうかも知れないことを恐れることなくアイデアを自由に発想し、そして、それを躊躇なく、しかし確実に実行するのが、まさに「高野イズム」。

公務員を退職され、更に自由に、更に活発に活動を続ける高野誠鮮氏から目が離せない!

プロフィール

科学ジャーナリスト、日蓮宗妙法寺第四十一世住職

立正大学客員教授、新潟経営大学特別客員教授、京都大学公共経営論講師、東京大学朝日講座講師等、金沢大学理学部大学院等の講師等、人事院国家公務員研修センター、東北自治研修所、羽咋市教育委員会文化財室(歴史民俗資料館)室長(館長)等、歴任

1955年、石川県羽咋市生まれ

テレビの企画構成作家として「11PM」「プレステージ」などを手掛けた後、1984年に羽咋市役所臨時職員になり、NASAやロシア宇宙局から本物の帰還カプセル、ロケット等を買い付けて、宇宙科学博物館「コスモアイル羽咋」を造る。

1990年に正職員となり、2005年、農林水産課に勤務していた時に、過疎高齢化が問題となった同市神子原地区を、年間予算わずか60万円で立て直すプロジェクトに着手。神子原米のブランド化とローマ法王への献上、Iターン若者の誘致、農家経営の直売所「神子の里」の開設による農家の高収入化などで4年後に“限界集落”からの脱却に成功させる。

2011年より自然栽培に着手。2016年4月から立正大学客員教授、新潟経営大学特別客員教授、妙成寺総括顧問、富山県氷見市で地方創生アドバイザーなどとしても活躍。

Facebook
https://www.facebook.com/johsen.takano

代表的な著作

ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる! あの『X-ファイル』の主人公が語る最高機密ファイル Vol.2

出版社 : ヴォイス

発売日:2021/3/25

日本vsアメリカの
隠されたUFO史が
今、ここに明らかに!

日米のUFOのエキスパートが激論!

ディスクロージャーを迎える前に、

地球人への課題を提言!



[Contents]
Chapter 1 ナチスドイツはUFOを兵器として使っていた
◆ナチスドイツはUFOを製造していた!?
◆FBIには1つのケースに2つの見解が存在していた
◆「ロズウェル事件」以降、秘密裏で進行していたUFO研究
◆アメリカのUFO史に残る「ワシントンUFO乱舞事件」と「ロサンゼルスの戦い」
Chapter2 そのUFOは本物? それとも地球製?
◆レーザー照準を当てて脅かしをかけたのは誰
◆エイリアン・テクのロジーを使用するのは、まだ一部のものだけ
◆地球製と本物のUFOを見分ける3つの条件
◆本物のUFOなら地球で墜落事件を起こさない
◆カバールは地球製のUFOにエイリアン・テクノロジーを混入させる
◆アブダクションされた人たちも次元移動をしている
◆エネルギーの「フラクタル変換」が起きれば、UFOの形も自由自在に変わる
Chapter 3 新型コロナ、米大統領選など世界の動きの裏を読む
◆「新型コロナウイルス」は40年前の小説で予言されていた!?
◆アメリカ大統領選の行方について
◆これからアメリカ、日本、中国はどうなる
◆あのスティーブン・グリア博士に脅された!?
◆調和のとれた地球になるかどうかは、中国次第
◆9.11は「フェニックス・メモ」で警告されていた
Chapter 4 日本はどこまでUFO事情を把握している
◆キャトル・ミューティレーションが起きるとき、時間が止まる
◆FBIは科学で証明されるケースしか扱わない
◆40年前にアメリカ空軍から防衛省にUFO情報が報告されていた
◆証拠品を奪うのはCIAの仕業
◆人類が「核兵器」を使わないように見張る良いエイリアン
◆UFOとの遭遇の後、記憶を失う人たち
◆エイリアン・テクノロジーで作った、敵の動きが手にとるようにわかる装置
Chapter 5 ディスクロージャーを迎えるとき、日本が世界のモデルになる!?
◆カバールのツールはバビロニアの時代にあり
◆「地球温暖化」や「資源不足」はカバールのプロパガンダ
◆地球が宇宙時代を迎えるときには、日本の明治維新を見習え!?
◆日本人の伝統的な知恵を世界と共有する
Chapter 6 未来の宇宙時代に向けて、地球人として必要なこと
◆ディスクロージャーは、良いエイリアン悪いエイリアンによる2タイプが起こる
◆中国共産党が世界のリーダーを買収している
◆未来の世界の救世主はネパールから現れる!?
◆今こそ、サイエンスとスピリチュアルのギャップを埋める時

--------------

この本は、『真実はここにある!あの「X - ファイル」の主人公が語る最高機密ファイルVol・1』(ヴォイス刊)に続く、元FBI特別捜査官ジョン・デソーザさんとの対談本のシリーズ第2作目になります。
対話を進めていくうちに、それぞれお互いの違う立場からの意見交換は楽しく、このご時世ならではのUFO以外のテーマについても会話に花が咲き、非常に有意義な対談になりました。
さて、UFO問題を語る中で、ジョンさんの口から必ず出てくるのが「カバール(別名ディープ・ステート、グローバリストなど)」という存在です。このカバールという存在の起源については、本書でも詳しく触れています。
世間では「陰謀論」と片付けられている事柄の中にも、まぎれもない本当の真実が潜んでいるのです。

まさに、「真実はそこにある(The truth is out there)」と言えるでしょう。

他にも、今回の対話の中では、「核兵器を嘉手納基地から目的地まで輸送中に、UFOに輸送を邪魔された」などという過激的な内容も含まれています。
今回、皆さんにお届けするUFO関連の情報には、このような、まだまだ一 般の人が知り得ない情報も多いので、ぜひ、楽しみながら私とジョンさんの対話を読み進めていただきたいと思います。

そして、読者の皆さんがご自身の目と感覚で、歴史の中で埋もれてきた真実の情報の数々を自分なりに見極めていただければ幸いです。

高野 誠鮮 (本書まえがきより)

amazonより引用

【自然栽培】で地球を救っていく!

出版社 : ヒカルランド

発売日:2020/12/17

どんな困難な状況にあっても、腹を決めて天命に従えば、未来が開てくる。
前向きな気持ちにさせてくれるヒントが満載です。原稿を読みながら、線を引いていたら、全部に色がついてしまったくらいです。
限界集落を逆転の発想で蘇らえたスーパー公務員と、未曾有の災害に立ち向かってきた自衛隊員の経験と智慧が輝いています。

・敵を蹴散らせばいいという「害虫駆除的思想」ではダメ ・自然栽培の果物は腐らず、枯れる。オーガニックは危険! ? ・温暖化の原因は二酸化炭素でなく、亜酸化窒素! ・アメリカは中国の脅威を言い立てて、日本に武器を買わせている ・植物や石と意識が通じないとUFOを操縦できない! ? ・3年以上、農薬も肥料も除草剤も使っていない遊休農地は自然栽培にとって格好の場所 ・指は5本でも手のひらは一つ、左右の手は喧嘩しない。人体も宇宙も調和されている。
・「愚者に褒められるは第一の恥なり」。アレオレ詐欺で「あれは俺がやった……」と後知恵で言うな ・人間とは、「人」として行きている「間」に魂を成長せること。「知」は知ること「識」は体が覚えたこと ・絶望から霊性は開花していく。光は絶望から ・作戦幕僚としてオウム上九一色村へ。国を守るため、どう腹を決めたのか ・エルサレムからイザナギヤードが日本に400万人を連れてきた! ? ・マイクロチップ入りワクチンで人間はゾンビ化していく

第1章 日本人が発案した自然栽培で モンサント、バイエル、農薬に立ち向かう!
第2章 米中戦争と遺伝子組み換えの狭間で 私たちが進むべき道を明かす!
第3章 UFOと自然栽培と仏教が1本の線でつながっている!
第4章 自然栽培の学校給食が実現するまでの道のり
第5章 NASA、ロシアの宇宙局と宇宙機材を求めて渡り合う!
第6章 100万人の命を救うため、割腹自殺を決めて、 オウムのサティアンに突入したときのこと
第7章 イザヤ書から一番大事な部分が削られていた (封印が解かれる)
第8章 ワクチンで人類総家畜ロボット化を狙う者たちへ

amazonより引用

次元超突破体験 UFO/ETとのスーパーコンタクト スターゲートから降りそそぐNewRealityの光

出版社 : ヒカルランド

発売日:2018/8/10

宇宙人、UFOはどこから来ているのか、なぜ地球に来ているのか。あなたの現実に5次元存在がリアルとなったとき、はじめてアセンションが始まる。
もう地球人同士で戦争している場合ではないのだ。宇宙人とコミュニケーションする時代は、すでに始まっている!
この広大な宇宙は、「地球人一人ぼっち」ではなく、「宇宙人てんこ盛り」である。「地球外生命体はどこにもいる」と誰もが口にする「開星ルネッサンス」の時代がスタートした。

・「地球外軍産複合体」が世界の死の商人たちをコントロールしている!
・ジミー・カーター大統領はひそかに宇宙人研究をしていた
・我々の宇宙には、57種の宇宙人がいる!
・自衛隊幕僚幹部はUFOの存在を知っている!
・人体のエネルギーで作動し、異物反応を起こさないインプラントの怪
・天国、地獄は人間がつくってしまったもの、本質の喜びを知ろう
・レプティリアンよりも現実の軍産複合体のほうが恐ろしい!
・地球外文明は40万個ある! 歪められているドレイク方程式
・アポロ17号船長が自宅に所有していたUFOの存在を認める暗号表
・FAO(国連食糧農業機関)も遺伝子組み換えのモンサント社を非難している
・「嘉手納基地から原子爆弾を三沢基地へ輸送中、UFOと遭遇」
・ラエリアン・ムーブメント、マイヤー事件は本物か偽物か
・ディスクロージャー・プロジェクトは仕組まれたもの!?

amazonより引用

UFOとローマ法王、そして自然栽培 空飛ぶ円盤で日本を変えた男

出版社 : 学研プラス

発売日:2017/9/26

国の予算で日本で唯一の本格的なUFO宇宙博物館を造り、自然栽培による米をローマ法王食べさせ、ついには過疎に苦しむ限界集落を復活させたスーパー公務員が今、日本再生に向けて、まったく新しい宇宙的、かつ実践哲学の視点から未来ヴィジョンを提言する。

今この国で知り得る最も危険な隠しごと 宇宙人UFO軍事機密の【レベルMAX】

出版社 : ヒカルランド

発売日:2017/9/19

地球外知的生命体・テクノロジー・惑星探査・フリーエネルギーの根幹にまつわる軍事特許の中身等々。UFO・宇宙人問題の根幹にあるのは、《彼ら》のスーパーテクノロジーをどう利用するかという現実のテーマ。アメリカ政府は、「安全保障に関わらない」範囲しかUFO・宇宙人の情報を公開していない。軍事・エネルギーに関わるからこそ、超タブーとして封印されているのだ。知らぬは日本人ばかり!

・あのアインシュタインとオッペンハイマーは「天体の住民」の存在について論文を発表していた!
・今も、EU議会ではUFO・宇宙人問題を真剣に討議している。
・宇宙飛行士は隠語を使って、UFOの目撃・発見を地上に報告している。
・スティーブン・グリア博士も決して口には出せない情報がある
・木村秋則さんが発見した量子モーターの設計図は誰が消したのか?
・燃えない液体燃料!? 「戦争科学」は、知られざる発展をしている
……これを知ったらもはやあなたもヤバい⁉︎ 絶対非公開のEXTRA HIGHEST SECRET!!

amazonより引用

トップに戻る